電子部品、医療に照準 京セラ、米の人工関節買収 スマホ・車に次ぐ柱に

1月 17 2019 - 1,未分類記事
Pocket

電子部品、医療に照準
京セラ、米の人工関節買収 スマホ・車に次ぐ柱に
2019/1/16付日本経済新聞 朝刊

(要約)

京セラはスマホなどに使うセラミック部品などを強みとし、米アップルなど大手のスマホメーカーに多く部品を供給している。
連結売上高に占める情報通信関連の売上高は50%だ。
医療分野では現在5%にとどまるが、人工関節のほかウエアラブル端末に使う超小型の血液量センサーなどを開発。
車向けや環境エネルギー関連などに次ぐ柱に育てる狙いだ。
ウエアラブル型機器などのヘルスケアIoT市場が拡大すると予測している。

電子部品業界ではこうした「脱スマホ依存」を狙った医療関連分野への進出が相次いでいる背景がある。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40048010V10C19A1TJ1000/

(自分事化)
既存の事業で十分収益が見込めているのに、次のもっと伸びる業界をターゲットにしていこうという、未来を予測した企業の動きが素晴らしいと思いました。
私自身も伸びゆく業界を見極め、その業界に特化したサービスをいち早く提供していくことで、新しいビジネスモデルに切り替えるという動きばかりでなく、自社事業の柱の維持として、とても大切なことなので、既存の知識技術をどの業界に活かしていくか?そして特化していくか?をやっていきたいと思いました。

 

【睡眠日記振り返り】
2019年1月17日昨日は4時間5分の睡眠。今日は24時30分に寝て3時40分に起きたので、3時間10分睡眠からのスタート。
1回3時に起きて、起きようか?と悩んだが、ここで起きたら寝不足だという考えが浮かび、再びベッドに戻るが、戻ったもののここでガッツリ寝たら、目覚ましで起きるようになってしまい、スッキリしなくて起きるのがツラいと、従来の睡眠の取り方の発想になっていた。

The Author