一週間で48時間以上働く

一週間で48時間以上働く

10月 28 2017 - 2,お仕事系
Pocket

一昨日からはじめた、いつも笑顔でいるために、口角を上げるトレーニング。

口角を上げて笑うには、口角を上げて笑えるような筋肉を鍛えなければならないと知った。

口角挙筋と大頬骨筋を使わないと、口角の上がった笑いにならない。

顔には12種類の表情筋があるそうなので、もしかしたら、もっと大切なこともあるかも知れないが、どのみち笑うための筋肉を鍛えることで、老化による顔のたるみ防止には役立ちそうだ。

 

それと、今日から一週間で48時間以上働くことにした。

振り返って見ると、20代、30代は余裕で48時間以上働いていたし、残業が月100時間越えなんて当たり前だった。

 

近年の風潮では、長時間働くことが悪的なイメージや話題が多いので、逆に私はたくさん働こうかと。

 

自分の考えでは無く、世の中の常識や風潮にそのまま流されてしまうことほど危険なことはない。

もちろん、日々生産性を高めて、短時間で仕事を終わらせるように努力をするのは良いし、当然そうするべきだと思う。

 

でもよーく考えてみると、毎日仕事をしているなかで、人間には学習曲線というものがあるので(効率が良くなる)仕事をこなす速度は自然に上がっているはずだ。

なにも考えないで日々与えられた仕事のみこなしていた場合は、学習曲線にあやかれる機会も訪れないかもしれないけれど、それですら今では、あらゆる便利なものがあるからかなり生産性は高くなっているはず。

 

でも慣れた仕事ばかりしているせいか、最近仕事をしていることへの満足感が減ってきてしまった。

なんだか大変なことは避けて、自分のできる範囲でしか取り組めなくなっていて、試行錯誤をする機会が減っている。

 

試行錯誤って、限界までくるとやらざるを得なくなる。

睡眠時間を増やすために、プライベートを充実させるために、どうやったら生産性を上げられるか?どうやって問題を少なくするか?抱える心配を減らすか?

精神的肉体的には、自由にのんびりやっていくのが良いのかも?でも達成感や充実度、能力や技術の向上を考えると、試行錯誤するような毎日のほうが楽しいような。。ドM気質なので。。

 

自分の年齢を考えれば、もう死ぬほど頑張れるのって、そんなに長くもないと思うから、強制的に働く時間を増やすことで、変化を起こしてみようかと思う。

働く時間を増やしたら、その時間を埋めるように仕事が増えてくると思うし、今までもそうだったので。

 

私の場合、出勤がないのでどこまでが仕事なのかと線引きしにくい。

このBlogだって、仕事かプライベートか微妙だ。でも仕事だと意識していくことで、内容が仕事に近くなっていくんじゃないかと。

いまは、仕事のBlogと意識していないので、仕事のこともほとんど書いていない。

だから仕事であると意識することが大事。

 

さて今日は友人の結婚式だ。あまり天気が良くないので心配だけど、楽しんでこよう!

The Author