年齢と美醜

年齢と美醜

6月 25 2016 - 1,未分類記事
Pocket

友人たちのなかで私は、美醜の基準はきびしいと言われている。

昔よく合コンや友人紹介で、男性からよくいわれた言葉は、

「女性がいうキレイの判断基準には、性格も含めて言うからなぁ」

確かにそういう人もいるし、性格上悪口は言わないので、キレイと紹介する女性もいると思う。

しかし私は、客観的に美醜を判断していて、全体的に雰囲気はあるけど一つひとつのパーツはたいしたことないだとか、まぁ一般的にはキレイだと言われる部類。特徴的で好き嫌いのある顔だけどブスじゃ無い。性格いいけど見た目はぜんぜんかわいくないよ。写真うつりがやたらいいいだけ。本当にキレイ、本当にかわいい。

と、悪口でなく正直に言っていた。

ちなみに自分の顔も見る人によっては、良い悪いではっきり分かれる顔だと思っている。

人には顔の好みがあるから、誰がみても十人が十人キレイだと言った場合はおそらく特徴のない綺麗さで、そういったタイプのことをいわゆる美人と言うのだと思う。

しかし近年この厳しい美醜の判断とは違う基準が入って来てしまった。

年齢いってるわりにはキレイだよね。

これが新たな基準に加わってしまった。

年を取ると、キレイだった人も肌の構成要素が減ってシワが増えたり、たるみが出たり顔のバランスが崩れていくので、美人は美人の基準から遠くなっていく、

一方若いときにキレイでは無かったのに、なんとなく小綺麗なオバサンになっていく人もいる。

林真理子なんかが良い例で、若いときは・・・と思っていたけれど、今ではすっかり小綺麗なオバサンになっている。

だから女性は年齢とともに全員平均的になっていくのだと思った。

 

ちなみに一般に男性は年を取ってくると、とにかく若い子がキレイにみえてくるようだ。

男友達とも付き合いが長くなってくると、歴代の相手を見ている場合もある。その中で、めちゃくちゃ基準が高かったのに、ある日を境に、この人年を取ったんだなって感じることがある。

お気に入りの子の写真みせてもらって、

「ふ~ん」

 

 

今日の渾身の一枚☆☆☆

2016-06-25 13.29.24-8

今日のありがとう☆☆☆

うみんちゅの皆さんありがとうございます!

今日の小説1,000字☆☆☆

A小説=7/7までの目標5万字/現在累積33,429字/1,004字。

推敲の部分が終了したので、新たな部分を書き足していくことに。7/7までに推敲もしながら50,000字にする。

今日の腹筋50スクワット50回/ラン、スイム、バイクいずれか☆☆☆

腹筋50 今年初の海連だった。1時間半みっちり泳ぎました。明日は初島まで行って来ます。結果は明日のブログに。

一日15分5捨て

5捨て完了

The Author