歯医者選びの基準は、歯の治療だけでなく、顎と全身の繋がりも熟知しているか。

歯医者選びの基準は、歯の治療だけでなく、顎と全身の繋がりも熟知しているか。

7月 15 2015 - 6,健康系
Pocket

歯医者選びは、健康寿命に関わる重大なことだから、身体全体の事も考えて治療してくれる先生を見つけないと危険だと言う話。 もしかしたら噛み合わせが悪いかも?と思ったら、簡単に分かる方法があります。

歯並び  

写真は良い例です。上下の歯の中心線がずれていたら、顎のずれが生じているかも知れません。

もちろんこれだけでは無いのですが、一つの判断基準にはなると思います。 生まれ持って歯並びが悪い、歯科矯正で整えてしまったという場合は違うかも?

顎関節症の体験談

私は専門家や医師では無いため、体験談でお話しします。

35才ぐらいの時に顎関節症になりました。 症状は、口が指一,二本程度しか開かないし、顎が痛い、顎の間接音がします。 だいぶ前から兆候はありましたが、いよいよ悪化してしまったので、ネットで検索をして、新宿の顎関節症専門外来に行きました。

治療費は高額で、レントゲンを撮り、マウスピースなどを作るために、最初に支払います。確か35万程度だったと記憶しています。

ところが半年経過しても、治療がなかなか進みません。 このクリニックに行くと、待ち時間やマウスピースの調整、頭蓋骨の調整などで、半日コースになってしまうので、その頃仕事が忙しく、頻繁には行くことが出来なかったのが原因の一つとしてあるかと思いますが、完全にクリニックのキャパオーバーです。 顎関節症患者いっぱい居るんですね。。。 途中でお金返して欲しくなりました。

医師との出会い

そんな中で、恵比寿で開業したばかりの審美歯科に取材に行くことになり、私を救ってくれた永井先生と出会うことになります。

永井先生は、上野毛で開業している歯医者で、たまたま開業祝いで遊びに来ていました。 本来歯科医は歯の治療をするだけで無く、噛み合わせや顎の構造を無視してはならない事や、どのような学びをしてきたかと教えてくださいました。

永井先生の話があまりに興味深く面白かったので、そこから顎と歯の関係が分かる本を自分でも読みあさりました。 永井先生が言っていたことは間違いないと確信した私は、35万円の新宿の治療費を諦め、治療をしてもらうことにしました。

私の顎関節症の原因は、大きく二つ。

  1. 20代の頃に、噛み合わせを理解していない歯科医院で治療をしてしまったこと。
  2. 歯ぎしりをしていたこと。

そもそも、虫歯を作ってしまった。歯ぎしりをしていた私が悪いのですが、顎関節症を悪化させる以前から、身体の不調は多く感じていました。

  • 電車は、つり革なしで、立っていることができない。
  • 片足で立つことができない。
  • 膝、腰などの関節が痛い
  • 頭痛
  • 不眠
  • 肩こり
  • 左右の顔のバランスが崩れてきた
  • 笑うとバランスが悪い
  • とにかく全身が怠い
  • めまい
  • 朝起きてすぐに頭痛(寝ている間に歯ぎしりしているから)

しかしこれらが噛み合わせの悪さから、顎のバランスを崩していることが原因とは思ってもみませんでした。

治療がどうだったかと話をし出すと、一万字ぐらい書けてしまうので、 先生の考え方で一番のポイントは、ただ虫歯の治療をすると言うことだけで無く、歯と顎の本来あるべき状態に近づけるという考え方でしょう。

私があまりに元気になったので、たくさんの知人友人を紹介してしましました。 一番劇的に快復したのは、当時67才の母校の教授で、めまいが酷くて、通勤にもタクシー、上を向くと角度によってめまいが酷く、板書ができない。

大学病院で検査をしても三半規管の病気でしょうが、治療方法がないといわれ、退職を考えているといった状況でした。

顎が痛くて食事が出来ないと言っていたので、もしやと思い、永井歯科を勧めましたら、二ヶ月後には原因不明のめまいも消えて、ものすごい感謝をされて、3回もご馳走していただきました。

ちなみに永井歯科クリニックは、広告を一切していません。 ホームページはありますが、それを見る限り、まったく特徴のないちょー普通の歯科医院ですから、ホームページをみて行こうとは思わないでしょう。

ですから永井歯科に来ている患者は、ほとんどが元気になった元患者の紹介でしょう。 もちろん口コミではなく、近所だからという理由で来ている方もいるかと思います。

先生が一人の患者さんと向き合いたい方なので、1時間~2時間、貸し切りになりますので、普通に虫歯治療に行く場合も他のクリニックに行くより、完治が早いのです。 多くの歯科医院だと先生一人に対して、ベットが二,三台か、多い場合五,六台あっても医師は一人なんて場合もありますから、キャパオーバークリニックに行ってしまうと、寝ている時間の方が長かったなんてことは良くあるかと思います。  

良い歯医者選びの基準

個人的に良い歯医者さんの基準は以下だと思います。

  1. 噛み合わせと全身の繋がりを熟知している。
  2. 儲け主義でなく、歯の神経治療など、保険点数の低い治療でもきちんとやってくれる。
  3. 自分の得意分野に集中している。
  4. 待ち時間などの無駄な時間が無い。

ちなみにこれは、私が勝手に書いていますので、永井歯科とは関係ありません。

紹介するときに、毎度同じようなことを伝えているので、まとめてみました。 歯の健康は全身に影響する。本当にそうだと思います。 90才になっても、煎餅バリバリ食べたいです。

あとがき☆☆☆

ちなみに、顎関節症も歯ぎしり(食いしばりはしているみたい)も完全完治しましたが、いま歯科金属外しをしています。 私、金属アレルギーなのです。これについてもまた書きます。歯科金属の怖い話が出来るかと。。。

The Author