自分が思うほど期待されていないから。

自分が思うほど期待されていないから。

10月 24 2016 - 1,未分類記事
Pocket

私が一人でいることが好きになった理由は、人の期待に応えずにいられない性格だからだ。

世の中には、楽しくないことは、続けられない人たちが、たくさんいることをつい最近知った。

それが、かなりの多さで、本当にビックリした。あまりに多い人数だったので、自分の考えを改めようと思った。

 

プライベートでも、私の周りには、やると決めたのに、皆に宣言しているのに、あっさり止めてしまったり、守らなかったり、継続しなかったりするひとたちがいる。

理解できない部分ではあるものの、内心は、羨ましいし、自由でいいなと思っていた。嫌なことは嫌だとハッキリいうし、できないともハッキリいうし、守れなくても自分を許している(たぶん?)。

当然、彼らは彼らなりに悩んでいるかもしれない。やりたいのに続かないとか、守れないとか。

 

でも私はけっこう、やってしまうことからくる苦しさがある。しかも自ら、気に入られようと、期待されようと努力をしてしまう。

期待され始めたら、さらにそれに対して、応えたいと思ってしまう。

言葉にして言われてしまったら、当然嫌だとは言えないし、言うのがツライ。

もちろん嫌いな人や、はなから仲良くなりたくない人たちには、応えたいとも思わないけど。

 

だから、自分が好きな人たちが、周りに人が増えると、キャパオーバーで時々苦しくなるというジレンマが生じてしまう。

好きな人たち、好かれたい人たちがたくさんいて、嬉しくて楽しいはずなのに、苦しくなるのだから、けっこうたちが悪い。

で、近年は私のことをあまり知らない人たちからは、たぶん、一人好きの変わり者という認識をされているのでは無いかと思う。

私のなかで、付き合う人たちを増やさないことで、キャパオーバーにならないように自然と調整するようになったのかも?

 

でもたぶん間違った認識っていっぱいしているんだよね。

人はそんなに期待していない。勝手に想像して先回りもする必要ないし。断ったって、無視しったって大して問題にしていないかも。

眠たくなりすぎて支離滅裂になっているような?

2016-10-22 20.30.09

The Author