ブランド好きな人は、人のスペックもブランドで選ぶ傾向がある。

ブランド好きな人は、人のスペックもブランドで選ぶ傾向がある。

9月 25 2016 - 1,未分類記事
Pocket

シャネルやエルメス、ルイヴィトンこれらの商品を購入しておけば、世界のお墨付きなので、失敗が少ない。

レストランでもロブション、ロージエ、外資系ホテルのレストラン。高いけどハズレが少ない。

だって皆が良いと言うし、皆がほしがるし、技能の高い人たちが仕事をしている。

ブランドは安心感。

このノリで、付き合う相手や結婚相手を選ぶと、自分の人を見る目だとか本来の縁、本能的なものををサボらせることになる。

良い大学を出て、良い会社に働いて、むずかしい資格も持っている。士師業や学位などはある意味、超わかりやすいブランドロゴになる。

でも世の中にはノンブランドでも良い商品はたくさんあるし、安くで美味しいお店はたくさんある。

自分にとっての良いバッグや良い店を見つけるには、冒険は必要。

でも、バッグや料理店であれば、冒険したって良いけれど、これが人間が相手だと、どうだろうか?

冒険できる人は、けっこう少ないのではないだろうか。

当然、自分が冒険したいと思っていても、気になっている相手に冒険させてもらえない場合もあるわけだし。

バッグや食事であれば、冒険はいくらでもできるけどね。

ちなみに人間についているブランドロゴは、果たして本当に信頼できるものだろうか?

言うまでもないが、人間性を表しているわけでなく、単なるスペックを表しているに過ぎない。

だから、スペックブランドで相手を決めているのは、冒険する勇気がないのと、自分の人を見る目に自信がないだけだ。

 

と……。 自分への戒めの意味で書いてみた。

 

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-09-19 19.20.53

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計69788 /誤差-42212字/今日の達成字数 245

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/スクワット50

☆今日のありがとう

スクーリングに無事いけて良かった。もう一日も休めないので、いけて良かった。ありがとうございます!

The Author