『ビジネスプラン実践道場』に行って、『寝たきり社長』で有名な佐藤さんに会ってきた。

『ビジネスプラン実践道場』に行って、『寝たきり社長』で有名な佐藤さんに会ってきた。

2月 20 2016 - 3,お勉強系
Pocket

 

今日は、SBI大学院大学主催の第八回『ビジネスプラン実践道場』に行って来た。

「OBなので、参加人数が多い場合は他の方を優先してください」と、コメントを付け加えて申し込んだのだけど、あぶれることなく参加でき、私以外にもOB&在校生が5人来ていた。

ただし狭い会場に会場運営側も含めて40名ほど入っていたので、若干息苦しかった。

けれど内容は濃く勉強になったので、参加してとても良かったと思う。

 

business

 

ビジネスプラン実践道場とは、

超ざっくり言うと、およそ4時間と短い時間の中で、

三人の講師から講義を受けて

今回取り組むテーマである「寝たきり社長 佐藤仙務さん」の経営する株式会社仙拓の事業内容と課題のプレゼンを聞いて、

4チームに分かれ(1チーム6、7名)、

スタートアップチームの疑似体験をするために、実践的なビジネスプランの作成、

作成プラン発表、

参加者投票、

講師からの全体講評、

優秀案発表といった、ツメツメの実践型道場だったが楽しかった。

しかも優秀賞をいただけたし、優秀チームメンバーのみに本もいただきました!ありがとうございます!

そんなわけで、ブログをやらねばと思いつつ、読み始めたら止められなくなり、ちょっと遅くなってしまった。

2016-02-20 22.16.29

 

今回参加したかった理由が二点あって、以前からこの実践道場は気になってはいたんだけど、一つは、障害者に関わるビジネスの「今」を知りたかったのだ。

もう一つ、以前からFacebookで繋がっていた、佐藤さんにお会いしたいとも思っていた。

ちなみに佐藤さんは現在SBI大学院大学在校生なので私の後輩に当たる。先輩面してくるのをすっかり忘れてしまったけれども。

障害者に関わるビジネスについては、勉強不足過ぎてちゃんと語ることは出来ないけれど、

現時点では、大きくは二つの方向で、

1)自社に障がいを持った方を雇用して、ビジネスをする。

2)障害者の方の雇用を「支援」するビジネスをする。

どちらも健常者が行うビジネスである。

しかし寝たきり社長の佐藤さんは、自らが起業をして、自分の仕事を作りさらに他の障がいをもたれた方を雇用するといった、他にないビジネスモデルを作っている。

そして今回、佐藤さんと一緒に何か新しいビジネスをやろうとする人も出てくるんではないかと思う。

障害者に関わるビジネスについては、短時間にもかかわらず肌で感じることが出来たのではないだろうか。

 

あー世の中にインパクをを与える新しいビジネスモデル、何か作りたいな~。

ちなみにビジネスプラン道場でまじめに勉強している最中に、昨日アップしたbabaウエディングドレスのエントリーが、ほぼFacebook流入で、なんと860回も閲覧されていた。

総閲覧数も1,200pvにもなっていたんだけど、いったい何が注目されたんだろうか。

いろんな意見はあると思うけれど、リアルな声を聞いてみたいと思った。その中からビジネスチャンスネタなんて物があったら良いのだけど。

近々お会いする方々是非教えてください。

ってか、単純に「ネタ」ってことで読まれてただけかな?笑

 

今日のありがとう☆☆☆

佐藤さん、Aチームの皆さん、主催の皆さん今日はありがとうございました!とても楽しかったです。

1426154_990823970999935_2185676622114448808_n12743865_990823984333267_4218728817762105630_n

The Author