自分の性格

8月 23 2017 - 5,そこはかとない話
Pocket

自分の性格を把握できるようになったのは、そんなに昔のはなしじゃない。

私のように自分のことなのに、よく分からないと言う人は意外と多いのではないか?と思っている。

 

私自身はおそらく人によって、見え方は違うと思う。実際に評価も違う。

それは私が、一緒にいる人や所属するなんらかの組織によって自分の性格の出現しやすい部分が変わるからだ。

そして、私はそういった性格なのだと分かってから、ようやく自分への理解が深まった。

 

自分の性格の中でも、良い性格だと認識しているたくさん出現してほしい部分と、嫌なので、できるだけ出現して欲しくない部分がある。

でも不思議なもので、一緒に過ごす相手によって、自分の性格のなかで出現しやすい部分が変わる

いつも自分のなかの良い部分をたくさん出現させたいと思っても、相手によっては、できない場合があるし、自分自身が嫌な部分ばかり出てしまうので、それが嫌になり、その人とは長く居られなくなってしまうこともある。

 

だから、一緒に過ごす時間が長い場合は、お互いの性格や関係性は間違いなく共同制作なので、できるだけ自分の良い面が多く出る友人達と一緒に居られたらいいなぁと思う。

 

先日たとえ話で、火星に45リットルのスーツケース一つしか持っていけない場合、なにを持っていくか?と質問があった。

ある人が「入るかどうか分からないけど、できるなら自分の彼女を持っていきたい」といった。そういったことを言える関係って本当にいいなと羨ましく感じた。

 

編集後記

今日は朝一で鹿児島に行き、いまは宮崎に入りました。

土曜日まで宮崎にいる予定。楽しい出会いがあるといいな。

The Author