私はお客さんの声をきちんと聞けていたか?

私はお客さんの声をきちんと聞けていたか?

10月 30 2017 - 5,そこはかとない話
Pocket

週末は友人の結婚式だった。

いわゆる主賓席というテーブルに椅子を用意してもらっていて、なにかの間違いじゃないか?と一瞬戸惑った。

しかし、次ぎにテーブルに来られた方にお初にお目に掛かって、友人の計らいにものすごい感謝した。

 

これまで話はたくさん聞いてきたけれど、実際にお目に掛かったのは、はじめてだったし当然お話しするのも初。

某ブランドの副社長さんなのだけど、そのブランドの社長は1年のほとんどを海外にいるので、実際の経営は副社長が行っていると思われる(友人もそう言っていたし)

 

その敏腕副社長さん、私の感謝の理由は、話の内容だった。

色々興味が湧いて、次から次へと質問をしてしまったが、嫌な顔一つしないで答えてくれた。

またその答えが秀逸ですんなりと染み渡るように入ってきたので、すごく心の残った。

 

はじめてあった人との会話では、久しぶりに頭に入るのでは無く、心に入った。

こういうのが人間力なんだろうなぁと。。

人間力のある人は、氣が通っている言葉を話す。話している本人も頭で話さないで心で話すので、聞き手も心に入る。

 

 

どんなことが、心に残ったのか?

たた話を聞いただけでなく、どれだけ自分事にできたのか?

 

いまは、多くの店舗展開をしているブランドなのだけど、一店舗目を作る時が一番ハードルが高かったし、大きな決心が必要だと思うけれど、それでもリアルな店舗をつくろうとした理由はなんですか?と聞いた。

すると、「お客さんの声を実際に聞かないといけない」と思ったからだそうだ。

 

これが意外にもガツンと来た。

普段私は仕事で、お客さんの→お客様にあたる人の声を集めている。

 

でも自分はと言うと、客観的に聞けていない。

ほんと、先ずは自分の会社や自分のこと洗い出しせねば。。

The Author