大好きよりも、嫌いが少ない相手をパートナーにしたら良いのでは?

大好きよりも、嫌いが少ない相手をパートナーにしたら良いのでは?

11月 29 2016 - 1,未分類記事
Pocket

 

1)付き合いはじめて1ヶ月の彼。大好き、気が合う、価値観が似ている、容姿も自分の理想に近い、でもどうしても嫌いな部分がある。

2)付き合い始めて1ヶ月の彼。この人のどこが好きだかよくわからない。でも嫌いな部分も特にない。

(1)の場合と(2)の場合では、一年後の二人の関係はどうなっているか?

たぶん一年後は(2)の彼との方が一緒に居られる可能性が高いと思う。

 

やっぱりどうしても嫌いな部分があると、難しい。

異性のパートナーに限らず、近い存在であればあるほど、嫌いな部分は目についてくるようになる。

自分のいま仲良しな友人たちのことを考えてみても、価値観などは確かに似ている。

でも、趣味も考え方もバッチリ合っていて、めちゃくちゃ大好きというわけでもない。

大好きじゃないけど、嫌いなところがないから、一緒にいられるのだと思う。

 

パートナー選びには、どちらかというと、自分がどれだけ相手のことを好きかと考えがちだ。もちろんそれでもいいのだけけれど、

でも今になってみると、好きよりも目立って嫌いな部分が見当たらないということのほうが、長く一緒に居られると思うようになったかも。

元々嫌いな部分を好きに変化させるのは、とても難しいと思うので。

 

 

2016-11-24 16.34.54

The Author