自分のDNAを感じた日

自分のDNAを感じた日

9月 9 2016 - 1,そこはかとない話
Pocket

今日は親戚が出演する舞台を観てきた。親戚と言っても、母のいとこの娘なので、私からするとけっこう遠い親戚だ。

彼女は芸大の19歳。舞台をやるようになったのは、大学に入ってからなのに、始めたばかりとは思えないほどの演技力だった。

彼女の母も女優さんで、同じ道を選び、才能も発揮し、なんだかDNAを感じた日だった。今後どのように花開くのかと楽しみだ。

そして私にとっても勉強になった時間だった。終わってから、親戚女優さんと父母と軽く飲んで帰ることになった。

フィクションを表現して、仕事にしている人のリアルな話は、すんごい刺激を受けた、本当に良かった。

いま毎日小説を書いていると言ったら、心の描き方で勉強になる小説を教えてもらったし。早速購入したし。

ちなみにDNAを意識すると、私のメンタル的に良い効果があるから、最近あえて意識をするようにしている。

母方の親戚が芸術に長けた一族で、私もいま芸術系にハマっているので、そのDNAを信じることで、潜在意識的に効果がありそう。他力本願的か?

なんて言いながら、今行っている京都造形の単位取得をいい加減に考えていたら、スクーリング単位が1単位足りてないことに気付いた。いま気がついて良かった。下手すると、行ける授業が無くなってしまうところだった。きちんと卒業しないと!

 

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-09-09 21.19.17

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計61812 /誤差-35188字/今日の達成字数 86

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/スクワット20

☆今日のありがとう

今日はとっても勉強になりました。ありがとうございます。

The Author