笑顔の練習は口角を上げることから

笑顔の練習は口角を上げることから

10月 27 2017 - 色々TRY
Pocket

昨日の朝礼(朝活)で、習慣にしようと決心したことがある。

朝礼は、仕切りの当番制になっていて、自分が朝礼当番になったときには、その日のテーマをつくり、朝礼に参加している人たちにスピーチをしてもらう。

一昨日は私の仕切り当番だったので、以下のようなテーマを考えた。

 

成功を達成するには基本的な原則があります。
それは、成功は人の支持によって得られるということです。

例えば部長の指図がうまく行くかどうかは、部下たちが、それを支持するかにかかっています。
部下が言うことを聞かなければ、仕事はとどこおり、その結果社長は、うまく部下を使えない部長の評価を下げます。

また同様に、セールスマンが商品を売ることが出来るのは、それを買ってくれる、支えてくれる人がいるからです。

政界でも産業界でも、トップにいる人たちは、人間的であり、温かい人たちです。彼らは人に好かれる点において、専門家なのです。

今日から人に好かれるために、より強化したい態度や新たに身につけたいことをいくつかあげてみてください。

例えば、人の名前を覚えるようにする。自分の名前を呼ばれると嬉しいですね。

また、人を褒めるには、具体的な事象をタイミング良く伝えるべきだといいます。それを勉強するのも良いかもしれません。

自分の心を整え、いつも笑顔でポジティブな人は、誰からも好かれますね。

さて、どんなことを高めると、さらに人に好かれるようになると思いますか?

イメージ出来た方からどうぞ!

 

という具合。

ひとり一人答えていくのだけど、超売れっ子ビジネスコーチの人が(以前私も一年間コーチになってもらった人)

  • 利他の精神を貫く
  • すべての人に感謝する
  • いつも笑顔の人になる

とちょうど三日前に、決めたそうだ。

そのなかでどうして笑顔の人になるのかと言う話があって、その方のメンターだった方が、いつも笑顔になると決めてから、練習をしていたそうだ。

しかし外を歩いているときなど、笑って居るとおかしいので、マスクをしてその下はいつもいつも笑うようにして口角から鍛えたらしい。

 

私も黙って居ると、怖いと言われるので、これは見習って、毎日笑顔にしてみようと昨日から思い出しては笑顔になろうとしている。

でもこれが意外にむずかしい。

 

口角が上手く上がらないし、上げていると頬が筋肉痛のようになってくる。

いかに日々、口角を上げて笑っていないかに気がついた。

口角を使わない場合、唇の端っこが上がらない。

当然上がった方が良い笑顔になるわけで、笑い方には訓練が必要だたかもしれないとちょっと驚いている。

今日は電車移動が多かったので、私もマスクの下は口角を上げて笑顔を作る練習をしていた。

そしてすっかり頬は筋肉痛っぽくなっている。

これは忘れず毎日やらねば!

でも不思議と口角を上げていると、楽しい気分になってくる。

 

あと、これから週に48時間以上はかならず働くことにした。理由は後日書くことに。

The Author