エネルギーを集中させると宣言した友人の話

エネルギーを集中させると宣言した友人の話

8月 28 2016 - 1,未分類記事
Pocket

Facebookで多くの発信をしていた友人が、あるとき私にこういった。

「Facebookをもう閉じようかと思って」

理由を聞くと、いまのステージより上がらなくちゃいけない時期がきたので、そのためのエネルギーを集中させて行きたいのだという。

なんともスピリチュアルな話だし、何より私は、Facebookを閉じるのは、もったいないから、止めるべきではないのでは?と言った。

何年ものあいだに拡げてきた、フォロワーや繋がったお友だちの数は、その友人の努力の結果だと思えたからだ。

しかしそれから間もなく、友人本人からのFacebook投稿は、私のウォールに流れてこなくなった。

どうしたかというと、完全に退会するのではなく、自分からの発信をやめるという風に落ち着いたようだった。

でも、かなりの広告宣伝ツールになっていたのに、投稿をキッパリやめてしまうのもすごいなと思っていたし、正直、心配もしていた。

広告って世の中の人たちから、必要になったときに、思い出してもらう効果があるからだ。

しかし、それから一ヶ月も経たないうちに、友人は、メジャーな交通媒体、雑誌、テレビにバンバン登場するようになった。

自分で発信を止めたら、他が発信をしてくれるようになった。しかもそれは自分で発信するよりも、大きな、大きな影響力をもっている。

私はその一連の出来事を見ていて、なんだか友人が言った、エネルギーという存在を信じてみたくなった。

スピリチュアルな意味のみならず、私たちの日常に、集中力やエネルギーを分散させてしまうような、出来事はたくさんある。

仕事や人間関係の場合、その出来事も、不要とも言い切れない部分もある。

だから時間効率を図ったり、長く働けるよう体力をつけたり、一つひとつの能力を高めようとするわけだ。

でも頑張る、高めるばかりでなく、勇気をもって止めてしまうのも当然有りだと思う。

何をやって、何を止めるか。自分のなかで決めておくと良いのかも?

私もきちんと考えていこう。

 

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-08-28 18.08.31

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計60113 /誤差-25887字/今日の達成字数 387(只今推敲中につき)

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋60/スクワット50

☆今日のありがとう

新しいBlogのサイトが良い感じにできそう。ありがとうございます。でも私が書かなくちゃいけないページ1枚書き終わらなかった。すみません!

The Author