目標はあったほうが良い

目標はあったほうが良い

6月 19 2017 - 2,お仕事系
Pocket

自分が会社員で、売り上げ目標を持たされている職種だったとき、会社から与えられた、理由不明の売り上げ目標は実は好きだった。

だいたい前年比〇%アップと、ただ乗せられていったけれど、毎期早い段階でクリアーをしていた。

しかし、クリアーしてしまうと、急にやる気もなくなっていたから、私は目標が無いと駄目なのかもしれない。

そう言えば、起業して3年は会社の売り上げ目標を立てていた。自分で立てた目標値だったし、チャレンジングではあったけれど、いずれも達成できた。

でも一度体調を崩して、仕事を減らさなければならなかったときから、根拠のない目標数字を作るのを止めた。

いまはすっかりやらなくなってしまったけれど、例え一人でも、売り上げ目標を立て、その数字に上げていこうとする努力や行動は大事なのかもしれない。

でも近年はガツガツ働くのは、イメージ的にだいぶ悪くなった。

昔みたいに「仕事をくれくれ」言う人もだいぶ少なくなった。日本ってその方向で大丈夫なのだろうか?

私自身もこのままで大丈夫なのだろうか?

今年の初めに立てた小説三本書き上げる目標は、未だ忘れていないので、文明塾が終わったら、その時間に充てていかないとなぁ。

2017-03-20 13.50.11

The Author