花見トレランと気が利く人になったのは妻や彼女のおかげ。

花見トレランと気が利く人になったのは妻や彼女のおかげ。

4月 3 2016 - 1,未分類記事
Pocket

今日は今年初めてのトレラン部の練習会だった。

今日のメンバーは、三沢さんと林口さんだ。

同じ日にトレランの大会で有名な、「ハセツネ30」と言うのがあるのだけど、エントリー出来たのは一人だけだったので、あぶれた三人で鶴巻温泉~弘法山へのお花見トレランにしたのだ。

2016-04-03 15.53.59

集合時間は朝八時。しかしこの時点で現地はかなり雨が降っていた。

しかし折角来たので、雨が止むまで待てそうな「はだの駅」まで移動した。

2016-04-03 08.32.26

ミスドでドーナツを食べながら、一時間ほどお喋り。雨が止んできたので、9時半頃からのスタートになった。

ウォーミングアップが終わると、三沢さんはいつもの通り、皆を置いて駆け上っていく。

2016-04-03 10.04.41

 

林口さんとはお花見をしながら、下りだけ走ってゆっくり三沢さんを追いかけた。

2016-04-03 10.49.33

 

桜は満開で花見登山客もけっこう多かったので、天気が良かったら、混雑していたかも知れない。

2016-04-03 10.49.49

 

あっという間に目的地まで到着してしまったので、撮影タイム

普通の格好の人達もたくさんいたので、気軽に登れるルートもあるようだ。

2016-04-03 10.52.02

2016-04-03 10.52.29

 

こんなものまであって結構楽しかった。

2016-04-03 10.53.25

2016-04-03 10.53.30

 

気温が低くて動いていないとすぐに冷えてくるので、早々に下山することに。

2016-04-03 11.02.46

 

三沢さんのお友達

2016-04-03 11.04.25

ミラーレスカメラを持っていったので、写真をたくさん撮ったのだけど、ちょっと天気が悪すぎた。

これは三沢さんの撮影センス。提灯ばっかり

2016-04-03 10.58.562016-04-03 10.59.262016-04-03 10.58.452016-04-03 11.00.09

三沢さんと林口さんは二人とも優しい。

間違いなく二人ともモテるタイプである。優しいからモテるわけではなく、モテる理由は複合的なので、ちょっとひと言では表現できないので、また今度。

そんな二人でも林口さんほど気遣いのできる男性は、なかなか少ない。

女性に対する気遣いと言えば、先天的と後天的なものがある。

後天的は、元々は普通か気が利かないタイプだったのに、彼女や妻に指導されて身につけたタイプのことを言う。

 

kigakiku

後天的に気が利くタイプになれたのは、三沢さんの柔軟性や素直さもあるけれど、もしも彼女や妻が何もいわないタイプ、あるいは諦めの早いタイプであれば、三沢さんは今のようになれていなかったはずである。

気遣い、気が利く、良く気がつくというのは、彼女や妻に対してのみならず仕事や人生のあらゆる事に対して、役立つことだ。

だから今の三沢さんの人生があるのは、早い段階で良い彼女、妻に出会ってきたからだと言える。

ちなみに私が彼らのことを「本当に素晴らしい」なと思っていることがある。

それは何かと言うと、彼らの口から一度も、若い女性が良いだとか言った類いの話を聞いたことがない。

もちろんそれは気を遣っているだけなんだけど、友人関係であってもこれは正直嬉しい。

けっこう多くの男性が、「若いのがいい」「二十代じゃちょっと若すぎだから30歳くらいがいいかな」「若くて素直な女性がいい」などと、気にせず口にする。

仮に私が同年代や年上男性の目の前で、「やっぱり若い男性がいい」と言ったら、恋愛対象外であった場合でも気分悪くならないだろうか。

男性は自分の年齢を気にしてないのかも知れないが・・・・・・。

 

今日はめっちゃ楽しかったので、つい二人を褒め殺ししてみたけれど、実は彼らに新たな疑惑が浮上した。

2016-04-03 11.04.222016-04-03 15.54.362016-04-03 15.54.582016-04-03 15.54.28

言わずとも女心が理解できる彼らは、もしや・・・・・・

 

 

今日の渾身の一枚☆☆☆

2016-04-03 11.03.29

今日のありがとう☆☆☆

今日はお花見トレランと打ち上げがとても楽しかった。ありがとう!再来週の大会は頑張りましょう。

The Author