話し方教室に行ってみようと思う。二社で体験教室とカウンセリングを受けてきた。

話し方教室に行ってみようと思う。二社で体験教室とカウンセリングを受けてきた。

1月 7 2016 - 3,お勉強系
Pocket

昨日の夜、話し方教室の体験授業に行ってきたのだけど、思っていた以上に良い教室だったので、学んでみることにした(教室は検討中)

実際の授業を体験できたのが、神田にある「日本話し方センター」という、63年もの長い間年月を教えている教室で、業界では一番の老舗とのことだった。

2016-01-07 11.47.39

もう一つは、「ヒューマン話し方教室」という、新橋、横浜、川崎、渋谷などで授業を行っている。こちらには今日はカウンセリングのみ受けて、後日体験授業に参加する予定なので、また書きたいと思っている。参考までに今日の料金は、一時間のカウンセリングが2,000円、体験が1,000円(通常は2,000円)とこちらは有料だった。

 

神田の日本話し方センターは、初心者対象コースの全12回中11回目の授業で、11月から学んでいる人達の中に混ぜていただいたのだ。

第一印象としては、良い意味で泥臭く、私が以前学んだ先生(元地方局アナウンサー)とはまったく質が違う授業だった。

違いをひと言でいうと、

以前の教室は=キレイで聞き取りやすい発声練習

今回の教室は=優秀な営業さんの話術

といった印象を受けた。

ここまで違うのかと本当にビックリだったのだけど、以前は、司会のためのボイストレーニング中心で、今回は聞いてもらうためのトレーニングとメンタル(緊張、親近感、説得)で、日々役立つのは間違いなく後者のほうである。

平日夜の授業であれば、週に1回同じ曜日に行われ、一回二時間、一時間あたりの料金は2,500円、最初の一時間に講義を受け、次の一時間で実践という流れでカリキュラムが組まれている。

この日の参加の生徒さんは計8名、あがり症のような方はいなかったので、レッスンの成果なのか、既に上手な方々が揃っていたのかは不明である。

この教室の良かった点は、講義があって理論もきちんと学べること。また開催日時が決まっているので、怠け心は出ないで済むだろう。

これが仮に自分で予約をしなければならないものだと、縛りがないので自己管理能力の高いか、余程学びたい何かがある人でなければ挫折の可能性は高くなる。

ちなみに私は、単位やカリキュラムなどの仕組みがないと、まったく駄目な方で、今までに何度となく行きもしない月会費を払い続けて来ている。

授業自体の比較ができていないので、どちらに行くかはまだ決めていないけれど、きちんとカリキュラムが組まれていて、学べる内容が事前に把握でき、自分のゴールが見えるという点から、ほぼ神田の日本話し方センターに決めている。

料金を比較しても時間あたり、神田の日本話し方センターは2,500円(税込み2,700円)新橋のヒューマン話し方センターは2,469円(税込み2,666円)しかしこちらは入会金が発生してしまうので、(入会金含めると3,083税込み)神田の方がお得だ。

スタートするとしたら1/20~4/6までの水曜日19時からなので、これを読んで興味のある方がいれば一緒に通いましょう。

話し方については数日前にこちらにも書いたので良かったら。

声を出さないと声帯も退化する。体調に左右されない声はスポーツ同様筋肉が必要。

で、実はきちんと話し方を学ぼうと思った切っ掛けがある。

話し方については、コンプレックスに感じていたのもあるし、プレゼンやファシリテーション力があれば、仕事の幅を拡げられると考えていたこともある。

しかしそれ以上に影響があったのが、プロデューサーの立場である方と話をしていた時だった。

その方は個人的な活動で、某分野の名プロデューサーを招いて、その活動の範囲や志を語ってもらう。それらを学んで行きたいと考えている、比較的若い世代を集めた講演会を、不定期開催していた。

その活動について、私が質問をした。

「人選基準の中にその方が大勢の前で、話せる人だという事前情報はあるのか」と、すると返ってきた答えが、

「この分野でプロデューサーと呼ばれる人達のなかに、皆の前で話せないなんて人は居ない」。

とキッパリだったのだ。

その理由は、話せなければ人は動いてくれないからというものなんだけど、本来はその分野に限らず話せてそれがきちんと伝わる方が良いにこしたことはない。

分かってはいたものの、何かだめ押しされた気がしたのだ。もちろんその方は私のだめ押しをしたわけではない。

そんなわけで、コンプレックスに感じていたことをまた一つ解消に向けて頑張ろうかなと思っている。

勉強の目標としては、人に好かれる話し方、聞き手が多くなっても伝わる話し方、展開の仕方、話のゴールを決めて話せるようになる。といったところだろうか。

あとは英語と楽器これは秋以降で検討しよう。楽器のできる英語圏の男性見つけた方が早そうな気もするけど。

あとがき☆☆☆

ナポリタンで有名な新橋のボンヌフでカウンセリング前に食べたのだけど、血糖値が急激にあがったせいか、1対1で話しているのに、眠気が襲ってきてかなり失敗だった。

2016-01-06 15.09.12

今日のありがとう☆☆☆

話し方コンプレックスを克服する切っ掛けをありがとう。

某代理店のNさま、二人も紹介していただきありがとうございます

The Author