自分の価値観と〇〇臭い人

自分の価値観と〇〇臭い人

10月 29 2016 - 1,そこはかとない話
Pocket

今日電車に揺られながら、ふと価値観ってなんだろうなぁと考えていた。

この言葉が一番使われるのは、パートナーを否定するときではないかと思う。

「前の彼(夫)とは、価値観が違った。だから上手くいかなかった」なんてことはよく耳にする話だ。

価値観は自分が何に価値を置いているか、感じているかという、基本的なことがらだから、これによって日々の行動や生活が支配されているわけだ。

でも私が価値観の重要性を感じるようになったのは、つい最近のこと。本当に人間って自分の価値観で選択もし続けている。

価値観っていうけど、単純にものの考え方、捉え方のこと。

価値観の中でも優先順位があると思うので、書き出して、自分の価値観の基準を把握しておいたらいいと思う。

ちなみに私は以前ビジネスコーチングを受けているときに、途中で婚活コーチングに変えてもらったときがある。

先ず自分は、どんな人と巡り合いたいのか?というのをハッキリさせるワークで、相手に望むことを50項目以上書き出し、そこから10個絞って、さらに優先順位を付ける。

確か私は60項目以上書いた。そして読み返して、我ながら引いた。

でもスピリチュアルではなく、本来はビジネスコーチングのコーチの方だ。

私が望んでいる10項目に当てはまる、素晴らしい男性に好かれるには、私自身はどのようになっていたら良いかと、最終的には自分に落とし込んでいくわけだが。

例えば、それをやって良かったなっ今でも思うことがあって、

「あぁこの人は、私の運命の人かも?」的な妄想に陥らなくなった。相手に好かれるかどうかではなく、自分が好きかどうかで、自分基準になった。

ちなみに60項目以上から選んだ、どうしても譲れない最重要事項は、『体臭がしないこと』これめっちゃ重要。

でも実際そんなに体臭嫌いなのかというと、好きになって付き合って居る間に体臭がしてくる場合もある。それでも嫌いにならない。

だから実は体臭が嫌いなのではなく、〇〇臭い人が嫌なのかもしれない。

貧乏くさいとかインチキくさい、おじさんくさい。なんか臭うって人が嫌いなのかも。

実際は貧乏じゃないのに、貧乏くさい人=どケチ、持っているのに人にたかるような人

実際の年齢は若いのにおじさんくさい人=行動や考え方がおじさんくさい人

私ももしかしたら、貧乏くさくてオバサンくさいかも知れないが、そうならないように努力します。

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-10-26 16.31.54

The Author