一人社長は会社存続したいなら、健康でいる努力を。

一人社長は会社存続したいなら、健康でいる努力を。

4月 2 2017 - 2,お仕事系
Pocket

今月は自分の会社の決算期だ。あっという間に8年が過ぎて、もう9年目に入る。

世の中的には、設立から5年継続できるのはたったの15%で、10年は6%らしい。でもそれも何となく分かる気がする。

私自身も、一人でやっているから継続できただけで人を雇っていれば、ちょっと厳しかったかもしれない。

一人社長であれば、一人が生活する分ぐらいはなんとかなる。でも男性で家族が居たりすると、これまた大変かもしれない。

あくまでも私の会社も継続できたのは、私一人しかいなかったらだと思う(正確には経理をやってくれている姉がいるけど)

 

一人で仕事をしていて、一番の危険は体調不良だ。病気をしたり怪我をしたりするのが一番リスクが高い。

実際に私も四年前に体調を崩したときがあって、仕事を減らした。

そうなると健康に戻っても、一旦活動を緩めてしまったので、心身共に復活させるのに時間と気合がかなり必要だった。

あと、多忙に対するトラウマ体験が出来てしまうから、それ以降は無理ができなくなる(それでいいのかもしれないが)

 

最近も3月初旬から風邪を引いたり体調を崩し続けていて、一ヶ月も運動もできずにいるし、一人仕事の一番のリスクは本当に体調不良だよなぁと実感。

やる気を継続させるために、自己啓発に投資していても、体調不良は無気力の原因にもなる。

2017-03-23 17.36.39

The Author