時間のかかる趣味は、贅沢

時間のかかる趣味は、贅沢

10月 5 2016 - 1,未分類記事
Pocket

実は昨日からの三日間、造形大のデッサンの授業に参加している。

仕事もあるので、平日の三日間ってけっこう時間的にはツライ。

今回のために、先々週から超前倒しで仕事しているし。

しかし、ほぼひたすら書いているだけなので、途中抜けして、仕事の電話したり、時々廊下でパソコンしたり、仕事に影響のでない工夫はしている。

それでもやっぱり、帰宅してからの仕事や学校が終わってから打ち合わせに行ったりしていると、睡眠時間を減らすしか方法は無くなってくるのだけど、それでもデッサンの授業に行きたい。

そのくらいおもしろい。本当にただ書いているだけなのに、集中できて、本当におもしろい。

デッサンを体験するまえは、絵を生業にしている人たちは、どうして毎日できるのか不思議だったが、やっぱりおもしろいから続けられるんだよね。

でももしデッサンを趣味にできたら本当に贅沢な趣味だと思う。

例えば、鉛筆と画用紙だけあればできるから、お金のかからない趣味だが、時間が相当必要になる。

ピーマン一個、一日中書いていたって、満足できないのだから。もしピーマン一個に24時間かけたら、24時間分の金額で売らないと、合わないし(売れるかどうかは別として)

24時間で生み出せる売り上げを考えると、かなり贅沢な趣味だと思う。

デッサンの授業に来ている人たちは、今日は20名くらいだったけど(1クラス10名ほど)

時間に対して贅沢な趣味を持つのは、ハードルが高い。

デッサンに限らず、それなりに極めようと思えば、時間は必要だ。だけど絵で食える人はほんの一握りの人たちで、お金を産まないものに対して時間を費やすのだから、本当に贅沢な趣味だと思う。

 

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-10-05 15.26.41

☆小説の仕事1,000字

A小説 ラストまで書けたので、推敲中

☆今日のありがとう

あずささん、今日も打ち合わせ&夕食ありがとうございます!

The Author