一日一新はできなかったので、一日一回のありがとう。

12月 22 2015 - 1,未分類記事
Pocket

先日ありがとう日記というものを聞いた。直感的に「それは良さそうだ」と思ったので、今後は「一日一回のありがとう」を忘れないようにやっていこうかなと思ったので、ここに記しておきたいと思う。

  • 一日一回は最低ありがとうと感謝したことを記す。
  • 本当にありがとうと感謝の気持ちになる。
  • 悲しかったこと、悔しかったことなどの負の感情をありがとうと思えるような考え方をして記す。
  • それらは毎日ブログの後書きの中に記す。

先ずはこんなかんじだろう。

実はこの毎日更新ブログを始める前に、すこしの期間「一日一新」という事にトライしたことがあった。

一日一新とは、私のブログを指南してくれた井ノ上氏が取り組んでいることで、毎日必ず新しいことを体験したり取り入れたりするという行動指針のようなものだ。

井ノ上氏のブログを読むとさらに詳しく書いてあるので、是非。

初日は「あかすり」!1日1つは新しいことを体験する「1日1新」

毎日新しいことをやって記録する。1年続けた【1日1新】の効果・全リスト

この中の文章を引用させて頂くと。

「1日1新」とは、
・毎日なにか新しいことをする
・その記録を残す
・ブログに公表する
というルールで、私がはじめたものです。

 

井ノ上氏がこれをスタートさせようと思った切っ掛け同様に、私にも危機感があったし、何かをやらなければならないと感じていて、いつモチベーションが途絶えるかといった以下の言葉には、恐怖の共感をしたのだった。

ただ、完全にモチベーションをなくす日も来るのかも・・と最近考えることがありました。
その理由の1つは年齢。
今、41歳ですが、45歳、50歳、55歳・・・・となっていって今のようにできる確信はありません。

最近、50歳くらいの方で、満たされていて、覇気がないというかなんというか、かなりモチベーションが落ちている方を見ました。
やっぱ、年齢によるものってあるのかなとちょっとショックだったのです。

 

こちらを読んで、私もブログは毎日やらずとも、一日一新はやっていこうと思ったのだ。

実際すぐに、フリーのブログポータルサイトに登録をして始めたけれど、毎日新しいことをやるハードルの高さに即断念。

こっそり始めてこっそり終了。

その数ヶ月後に井ノ上氏のブログ開設セミナーを受講することになったのだけど。(井ノ上氏はそれ以前から繋がりがあった)

受講したきっかけは、友人のマスタロだ。

偶々マスタロから、ホームページの運用の件で世間話的に相談をもらい、

「マスタロの問題はこれで解決できるかも?私もちょっと興味あるから、受講してみようよ」なんて、言ったのだ。

しかし実際は少し前にブログ挫折していたので、本当は私が受講する決心をもらったようなものなのである。

一日一新については、井ノ上氏のブログセミナーを受講された方のけっこうな人数の方が実践されていて、感心している。

何も意識しなければ、ほぼ同じ毎日が繰り返される。習慣化された毎日であれば、余計な神経も使うこともすくないし、失敗もない。

しかし小さな積み重ねは、やがて高いものに取り組むための練習を日々行っているようなものだろうなと思う。

この辺は私はできなかったので想像でしかないのが残念だけど。いまでもやりたい気持ちはある。

そんなときに教えてもらったのが「一日一回ありがとう」これならば、続けられそうだ。情報として、同時に「ホ・オポノポノ」という言葉を教えて貰った。始めて耳にしたのだけど、検索して要約すると、

wiki ホ・オポノポノ

ハワイの伝統的な問題解決法。個人レベルで簡単に出来るようになり、世界中に広まっている

「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」を用いて潜在意識にある負の感情をクリーニングもできるようだ。

 

もっと深い意味はありそうだけど、また後日調べるとして、どのみちやってみて良いことばかりのようだ。

いまはちょうど仕事や大学こともやるべき事が山盛りなので、ブログも負担で、飽きてきた頃だったからタイミングがいい。

毎日のことに加えたいと思う。

 

あとがき☆☆☆

とりあえず早く寝なきゃ!明日は登山です。

【今日のありがとう】

「一日一回のありがとう」を教えてくれてありがとう。

S先生と新しい取り組みへの発展。繋げてくれてありがとう。

Sに会えて良かったありがとう。

 

 

The Author