第2回河津フラワートライアスロン(2017年11月14日)に行って来た。

第2回河津フラワートライアスロン(2017年11月14日)に行って来た。

11月 14 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

第2回河津フラワートライアスロンに出場してきた。

今回は初めて輪行で、現地入りする。

大きなリュックを背負って、バイクに乗るという経験も初めてで、いざバイクに乗ろうとしたら、ヘルメットをかぶってしまうとリュックがメットに当たってしまうのでかぶれないことが分かった。

しょうがないので、バイクを押しながら半分以上歩きで、横浜駅に向かう。

 

今回の相棒は、中山哲志。

さとしと読むが、皆からはてっちゃんと呼ばれている。

 

2017-11-11 09.29.55

 

朝は伊豆まで踊り子号(スーパービュー)9時59分発のチケットを取っていたので、横浜駅に待ち合わせをした。

「まぁ9時15分くらいに待ち合わせすれば、余裕でバイクを荷造りするの間に合うね」

なんて前日に約束をしていたのに、朝になると8時30分に、「もうそろそろ到着しそう」とLINEがあり、8時40分には「到着した!」と再びのメッセージ。

私も大慌てで出発しての9時着。

 

私もかなりの時間前集合をするほうだけれど、この男はそれ以上に早い。

普段ほとんど人を待たせることのない私ですら、ほぼ毎回、てっちゃんは待たせてしまうという、あまり経験したことの無いパターンだ。

 

2017-11-11 10.10.09

 

スーパービューは、荷物置き場が広くとってあり、こんな感じでバイクも運びやすい。

 

私が女子のときは、窓際に座るの当たり前だったんだけどな。

なんて思いつつ、話し出したら止まらないてっちゃんの話を聞く。

 

本当にひたすら話し続ける。

本当に一方的に話し続ける。

 

たまにこういうオバチャンっているよな。

と、もう私だけでなく、中山哲史は、周りからはオバチャン認定をされているのだけど、話し出したら止まらないことだけが、オバチャン認定ではない。

 

2017-11-11 10.46.39

てっちゃんは、出張が多い。

全国津々浦々回っているのだけど、体型からも分かるように、とにかく食い道楽だ。

シェフをした経験なんかもあって、仕事が終わって道の駅により道をして、その土地の特産品を購入してくるのが、もはや日課になっている。

 

そんなときに、オバチャン気質を発揮するのだけど、

「なんか野菜いるー?」

 

22524072_1355228504586174_593985320_n

 

と写真を送ってきてくれる。

「枝豆が朝取りで、まじでウマくてヤバイから、食べてみ!冷凍しておけば平気だから!」

「天然鮎あるよー買ってく-?」

と。。「近所ののオバチャンかよ!」とツッコミをいれる私を無視しつつ、お節介トークは続き

 

22472795_1355228484586176_1743225579_n

 

「カニ油で揚げたらウマイよ-」

 

22523815_1355228407919517_514827732_n

「いや、無理だわ」

なんてやり取りをしつつ、本当にカボチャ丸ごとなど買って来てくれるので、横浜駅まで取りに行き、分けてもらったりしている。

 

と、話はズレたが、無事河津駅に乗り換えなしで2時間で到着。

河津観光協会の方に予約してもらった、宿に到着。

宿泊しているのは、おそらく全員トライアスリートたちだろう。

 

2017-11-11 16.06.05

 

宿の名前は、やかた。

この宿が私はよく分からなかったのだが、ベイスターズの野球選手が、一人でトレーニングで長期宿泊したりしているそうだ。

ベイスターズファンのてっちゃんがけっこう興奮していた。

 

2017-11-11 16.05.52

 

宿の玄関ホールには、伊勢エビ。

てっちゃんは、野球選手が宿泊しているくらいだから、食事は美味しいはずだ!と断言。

 

2017-11-11 12.32.59

 

大広間もあって、20名~30名くらいは入れそう。

 

2017-11-11 12.33.11

 

宿泊費は、一泊夕食付き一人10,800円(税込)

朝食は大会の朝が早すぎるので、無し。

 

2017-11-11 16.05.31

 

お風呂は温泉で、あの船の形になっているところが、真ん中で半分に分かれている男女別の露天風呂

ここは、トレラン部の合宿にピッタリじゃないか?なんて話が盛り上がる。

 

2017-11-11 15.55.12

 

海も川も山も近くて景色と空気は最高な場所。

でも宿は安いし、小さな和室の部屋がたくさんあるので、本当にトレラン部の合宿向きだ。

ちなみにこちらの部屋が、私の部屋。

若干壁は薄くて、隣の声が聞こえるものの、トライアスリートは同じ時間帯で活動していたので、隣の音はまったく気にならなかった。

宿屋の店主が翌日驚いていたほど、10時半に夜回りしたときは、どこの部屋も電気が消えてて、トライアスリートの就寝が早くてビックリしたらしい。

それもそのはず、てっちゃんは、19時に寝てしまい、私も21時15分にはもう夢の中だった。おそらく他の部屋の人たちも同じような時間帯に寝ていたんじゃないかと思う。

 

2017-11-11 16.54.58

 

話は前後してしまったが、お昼を食べていなかったので、早速美味しいと評判らしいうなぎ屋に向かう。

宿からは徒歩3分のところにある店だ。

 

2017-11-11 12.36.01

 

金額はこんな感じ

2017-11-11 12.38.29

 

お新香もたっぷりでもずくもついて、

 

2017-11-11 12.45.04

 

このウナギの量で2,800円なので、めっちゃ安い。

しかもやたら美味しかった。

 

2017-11-11 12.50.36

 

美味しくて幸せな時間を過ごしながらも、話題は明日の大会について。

事前に案内がなにも届いていないので、状況がほとんど分かっていない。

 

トライアスロンの大会に出場する場合は、前日の大会説明会に必ず出席しなければならない。

説明会に参加しなくても平気なのは、八景島シーサイドトライアスロンくらいなもので、多くの大会は前日入りが必要になる。

 

2017-11-11 13.10.47

 

こちら今回の参加のために作られていた、てっちゃんの持ち物リスト。

トライアスリートは、持ち物が多いし、忘れ物がメンタルに影響するので、しっかり管理。

 

明日に続く

The Author