結果に執着するか行動に執着するか。

結果に執着するか行動に執着するか。

12月 15 2016 - 1,未分類記事
Pocket

昨日何気ない会話をしていたときのことだ。

「私は自分の感情をコントロールすることの方に興味がある」

と言ったのだけど、振り返ってみると、三十代前半ぐらいまでは、色んな感情が湧き起こって、けっこう苦しかった。

108の煩悩全部抱えちゃってるんじゃないかと思うくらい。

でも今は、心がかき乱されるような激しい感情にもならないのは、年齢のせいで感情が鈍くなっているのか、色んなことに慣れてきたのか?

 

ただ、激しい感情はなくとも、漠然とした不安はもっている。

不安を解消しようと努力をするけれど、すべてぬぐえないし、一つの不安が消えても別のことで不安になるし。

全部の不安解消は難しい。

つまるところ人間は、不安を抱えてしまうようにできているんではないかと思う。

でもその不安を利用するのも昔に比べて上手くなった。

何年か前に、今や超人気のコーチから、月二回のコーチングを受けていたことがあって、毎回繰り返し色んな問いかけをされた。

その頃は、コーチからの問いかけは、単なる私の課題だったのだけど、最近になってから「あ、こういうことだったのか」と妙に納得した。

もし不安があったら、自分に質問をすればいいのだと。

コーチからの問いかけは、不安を望みに転換させる作業の一つだったんだなって。

 

例えば、大して結婚願望も無いのに、老後の心配で結婚したいと思ったときがあった。

いまでも自分のこの先の人生に不安はある。でも結婚したってたぶん違う不安が出てくると思う。

 

だから自分に質問してみたら、不安がちょっと方向転換できて、希望に近くなった。

 

50才になっても結婚できる自分になろう。だから、少しでも若く見えるように見た目に気を遣う。

結婚しなくても、一人で生きていける生活力をつけよう。だから、新しい仕事をドンドンしていこう、勉強をしていこう。

心身共に健康でいよう。だから運動しよう、食事に気を遣おう。

 

なんだか健全。

100点満点の答えを探す方が大変。

50才で結婚するためには、どうしたらいいか?なんてことの答えは出せない。そんなことに執着するのも微妙だし。

そして結果に対して執着すると不安が伴う。でも結果を得るための行動に執着するのは、精神的にも安定すると思う。

 

2016-12-10 23.09.18

The Author