詭弁―知ることで対応できるようになる?

4月 22 2017 - 3,お勉強系
Pocket

今日の一日は超長かったし、めっちゃ疲れた。身体はそんなに疲れていないが、頭がめっちゃ疲れていて、一週間分の脳の活動を、5時間半ぐらいで使い切ってしまったという感じ。

とある勉強をする場で、とにかくすんごい詰め込んだ。

すごくおもしろかったのだけど、久しぶりにストレスを感じるほど、負荷がかかったと思う。

なにをやっていたかというと、グループダイナミクスという授業で、対立を前提として、意見の違いをどう受け入れるのか。

強い反対意見に対して、思考停止に陥らないための方法論とか。

特に詭弁のテクニックを実際に、グループワークのなかでやってみるというのがあったて、それは、三時間近く続いたと思うのだけど、後半は疲れすぎてしまって、そもそも論点ってなんだったけ?とわからなくなることが何度もあった。

とにかくハードで、終わった後はほとんどの人が疲れたを連発していた。

これらに取り組む理由は、良く使われる詭弁などは、知ることで自分が対応できるようになるから(自分が使うときは良いことのため)

とにかく今日のところは何も何も整理できていないのだけど、詭弁に関する本を早速二冊買ってみた。

このセッション(授業)あと二日間あるので、もうちょっと思考停止にならないように勉強しておきたい。

The Author