体で記憶したことは忘れない。

体で記憶したことは忘れない。

11月 28 2015 - 1,未分類記事
Pocket

今日二年半ぶりにゴルフに行ってきたけれど、けっこう当たりも良く、スコア57/53と心配していたほど悪くなかった。

というか、ぜんぜん平気だったじゃん!ってビックリしたのだった。

その二年半の間は練習も一度もしていない。

誘ってくださったS先生が「一度集中して覚えたものは、ちょっとやれば思い出すので大丈夫ですよ」と言ってはくださっていたが、前日急に心配になり、今さら遅いかとも思いつつ、バーチャルゴルフ1時間の体験に行ってきた。

すべてのクラブを素振りしてきて、もう本番は走るしかないなと思っていたのだった。

しかし今日の結果に大満足で、今日は、人の記憶は頭で覚えることと、体で覚えることと二つあるらしい。という話。

 

体の記憶は忘れない。

 

よく体が覚えているから忘れないよ、大丈夫だよと、耳にはしていたけれど、実際にそれを実感したのは、ごく最近で10年ぶりに自転車が乗れたことだった。

「あー普通に乗れるんだ!」とその瞬間にかなり嬉しくて、自分に感心した。

ゴルフについても、始めたばかりの頃は楽しくて、練習場に一人で行ったりビデオを見て素振りしたり、ちょうど私が若い頃はゴルフブームだったので、集中して覚えたのだ。

人間は、頭で覚えることの記憶と体の記憶は、脳の中でも違う場所で行われていて、何度も繰り返し、失敗しながら記憶する場合は忘れない。

 

集中して取り組む大切さ

仕事でも遊びでも技術を身につけるようなことは、集中して何年か行うことで、例え1,2年やらなくなっても、再開すればあっという間に思い出すことが可能だ。

逆に、今までやっていなかったことを身につけるには、集中力と体力はがあるうちに、2,3年で身につけてしまってから、あとはゆっくり老後の楽しみにしても良いのではないだろうか。

私は昨年から、海を泳げるようになるための、スイミングクラブに行ってレッスンを受けている。そこの年齢層がものすごく高くて、60歳以上の女性がほとんどで、定年退職をしてから始めたのよ、なんて方が多い。

彼女たち曰く、「若いうちに始められて本当に良いわね」と言う、(彼女たちからみると私は若い部類)

確かに三年続けている方より、一年の私のほうがうまくなってしまっている。

体で記憶していくのだから、結局、体力や筋力も必要だからではないだろうか。だから一度、体で記憶したことは忘れないけれど、体で記憶する年齢も早い方が記憶も早い。

老後になったら始めようと思っていることがあるならば、少しだけでも身につけていたほうが、よいのかも知れない。

 

あとがき☆☆☆

私の大好きなドSのS先生、相変わらず紳士だったわ~。

 

2015-11-28 12.36.15

The Author