自分の困ったは、既に誰かが解決を提供してくれている。

自分の困ったは、既に誰かが解決を提供してくれている。

11月 21 2016 - 1,未分類記事
Pocket

昔はこうおもっていた。今が大変でも努力の結果、一年後には楽になっている。でも最近の新しいIT系ツールは最初から感覚的に使えて、数回使えば、それなりにこなせるようになっている。

一人で仕事をしていると、なかなか新しい方法を試す機会がない。というより、同じ毎日だと、新しい仕事のやり方に触れる機会がない。

でも新しいお客さんや新しい仕事仲間と、新しい仕事をしていくことで、新しい経験を増やせる。

その中で、問題が出てきたり、自分の許容範囲を超えてくると、何か改善したいと思うようになる。

これって、新しいものを取り入れるチャンスだと思う。

最初は大変でも「やりたくない」という壁さえ作らなければ、すぐに使えるようになってくるし。

この1年だけでも、ずいぶんと新しい仕組みを使う経験をさせてもらった。

特に世の中に提供されている、無料のツールはとても便利だ。毎日何十回も使っているLINEやFacebookだと、ビジネスで使いづらいときがある。

でも、無料で使えるツールが、今までの「困った」をだいたい解決してくれるようになった。

もう私が困る前に、既に、みんなの困ったを解決してくれているのだから、なんて便利な世の中なのだろう。

クラウド会議室なんて本当に進化していて、使うのが面白いくらい。Googleが出しているツールも本当にすごい。

他にももっと教えて欲しいと思ってしまう。

ただお客さんには、お客さんの使いやすいツールに合わせる必要があって、相変わらず私にとっては、電話もメールも大事なツールの一つ。

でも個人的にはそれは、ぜんぜん嫌でもなくて、お客さんが自分がやりやすい方法でやってくれた方がよい。

結果的に、受け取る私も理解しやすくなるから、まったく問題なし。

だって料理の苦手な人に、「作ってくれるの待っていますから」なんて非効率だし。言われた方も嫌々作って、提供してくれても美味しくないし。

もちろん、私がお客さんのやり方に合わせてツライときもたまにあるけれど。その時点での私の器が小さいだけで、同じことでも、なんども繰り返したら、楽になっているのだから。

 

プロに近づくための毎日撮影

2016-11-20 19.38.07

The Author