甑島へ(こしきじま)VOL,1ーオススメひとり旅の離島

甑島へ(こしきじま)VOL,1ーオススメひとり旅の離島

7月 24 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

 

23日夕方、鹿児島県の甑島に到着した。

今日は三時間しか寝ていないのに、人生初の一人旅というのもあって、テンション上がっているせいか、羽田から鹿児島への飛行機内でも、一睡もできなかった。

 

羽田を7時50分に発ち機内では、いくつかの仕事をこなしつつ、1時間半で鹿児島空港に到着。

機内モードを解除すると、鹿児島でお世話になっている方から連絡が入っていて、1時間半ほど、空港内でお茶ができるなんて特典もあった。

楽しいお茶タイムを終えて、鹿児島空港から、川内(せんだい)という駅まで、バスで移動する。

ちなみにバスは貸し切り状態。

見事に誰もいない。

 

DSC_0597

 

これでは運行すればするほど、赤字になるのでは?・・・と思わず心配してしまう。

このあたりに住んでいる人たちは、ほとんど車を所有しているらしいので、バス利用者自体が少ない。
でも、旅行者にとっては、必要だし、私もバスがあったから、行こうと思ったし。

だけど、なんだか申し訳ない気持ちになった。

 

P7230330

 

バスに乗ってから一時間ちょっとで、川内駅に到着。

ここから、フェリー乗り場まで、もう一度バスにのる必要があるのだけど、出発までには一時間近く時間が空いてしまった。

 

時間は13時半になっていて、朝から何も食べていなかったけれど、あまり食欲もなかったので、あり得ない「ち●●だんご」というネーミングの団子を購入。

 

P7230332

 

味は出来たての醤油煎餅風。ほんのり甘いお餅に、醤油味が香ばしくて、一本60円と格安。

でもネーミングがやっぱり・・・w

その名の由来が気になったが、聞く勇気はなかった。どんな理由でそうなったのか?・・・・・・

 

P7230331

こちら川内駅のロータリー。

 

あっという間にバスの時間になって、次は港に向かう。

 

港へ向かう路線は、一日に2往復のみなのと、電車で来たひとたちとの合流があり、バスの席が8割埋まるほどの人たちと乗り合わせた。港までのバスは、フェリーの発着時間に合わせて運行されているそうだ。

ここからは、あっという間に港に到着。暖かみのあるフェリー乗り場だった。

 

P7230335

 

そして、私が乗り込むフェリーはこちら。

 

P7230338

 

キレイだし、今まで乗ったフェリーのなかで一番新しいような気がする。

 

P7230339P7230341

 

しかも内装はけっこう豪華仕様で驚く

デッキもこんな感じ。

 

P7230340

 

椅子の座り心地もいいし、クーラーも効いていて気持ちがいいし、血糖値が上がったしで、そこから寝落ちてしまった。

たぶんコックリコックリしていたのだと思う。

 

がくんと体が落ちて目が覚めると、甑島が近づいて来ていた。

間もなく到着と、騒音でほとんど聞こえない放送が入る。

 

ワクワクしてきてしまって、気持ちが忙しくなった。

 

P7230345

 

着岸し、ここで乗車していた半分強の人たちとともに下船した。

迎えに来ているバスをみて、「こんな名前の宿はあったっけ?」と思いつつ、周りを見渡すと、どうもWEBサイトでみていた景色と違う。

私が予約したホテルは、港の目の前にあると思っていた。

 

P7230346

 

「勘違いだったのかな?」と港にあった、島内地図を眺めるも、そのホテルは見当たらない。

ホテルの場所を聞いてみようと思っても、ホテルの名前を記憶していないので、分からない。

 

急いで、ググって、該当の写真で、船着き場の人に聞いてみたところ、降りたところを間違えたと判明。

「もう一つ先の港だから、戻らなくちゃダメだ!」

と、皆で大慌て。

 

掛け橋は、すでに離されていたのに、もう一度戻していただいた・・・すみません・・・

 

それなのに、その場にいた6,7名の船着き場の方やクルーの方、お回りさんまでが、口々に「気がついてよかったね~」と笑って言ってくれて、親切すぎて感動してしまった。

 

しかもみんなで見送ってくれた。

ありがとうございます!

 

P7230348

 

ちなみにもしこれに乗れなかったら、宿泊を予定していた上甑島と、間違えて降りた下甑島は、陸で繋がっていないので、辿りつけなかったし、ここ下甑島で宿も空いていたか不明。

あぁ、本当に助けられた・・・

 

実は今回、ほとんど調べている時間がなくて、とにかく宿だけ取っていた。まさか途中で止まるとも思っていなかったので、危うく路頭に迷うところだった。

街の人たちは、みんな信じられないくらい親切で、最悪どこかに泊まれたかもしれないし、ネタにはなったかもしれないが・・・・・・・

 

そして無事目的の上越城島の宿に到着。

 

P7230351

 

 

シングルが空いていなかったので、ツインになってしまったけれど、全室オーシャンビューで、気分は最高~。

 

P7230357

 

ここまで夕方の17時半。

明日に続く。

The Author