向上心と勉強

向上心と勉強

1月 24 2017 - 自己啓発な感じ
Pocket

人と比べるのは良くないというが、確かに、比べて嫉んだり落ち込んだりするのはあまり良くない。

でも人と比べて自分に不足があると知るのは良いことだと思う。

向上心とは自分に不足があると知っている人が、それらを補おうと仕事や勉強に真摯に向き合う姿勢だ。

実際は不足しているのに自分は完璧にできていると思うのは、傲慢さも感じるし、現状で満足していないのに、なにもしないのは単なる怠慢だし。

で、考えたのが、自分の想像できる未来と今の自分を比べてみてはどうだろうか。

今現在なにもしていない場合は、おそらく似たような未来、もしくはそれ以下になるといった未来に対する暗澹たる思いに似た気分にならないだろうか。

もし比べて不足があると感じたら5年後10年後の未来に向けて、ちょっと頑張っておかないと。

ちなみに人は年の初めに立てた目標を達成できるのはたった10%程度だそうだ。

しかも半数以上の人が翌年も同じ目標を立てるらしい(出来なかったから今年こそは…って。)

そして私もあと5日で2万字小説を書かなかったら、いきなり目標破りになっちゃうから、ちゃんとやらねば。

なんで目標や向上心が必要かと言えば、人はやっぱり欲があるから、心身共に健康な状態で物心両面が満たされ幸せと思えるのではないだろうか。

目標や向上心をもって学んだ人は、多くの知識を持っているから、頼られたり大事な仕事を任せられたりする。

やっている人が少ない仕事であれば、一般的には収入も高くなるから自然と経済的には満たされていく。

勉強すると社会に対してできることが増えてくるし、社会の中で重要な仕事をするようになるので、結果的に世の中のために働くことになる。

希にそうじゃない人もいるかも知れないけど、自分が満たされてくると社会に対して貢献したいという気持が湧いてくるように思う。

2017-01-24 20.36.43

The Author