自分の心を語るのは、自己肯定感をあげる?

自分の心を語るのは、自己肯定感をあげる?

7月 31 2016 - 1,未分類記事
Pocket

人間関係を築いたり、社会生活の中でよく大切だと言われている、自己肯定感。

これが低いとか高いとかという話だが、例えば自己肯定感が低いから、他人に依存する傾向があるとか。

自己肯定感が低いから、褒めて、賞賛して欲しいとやたらと自慢話が多いとか。

自己肯定感が高いから、人の目を気にしないとか。

色々な場面で登場してくる自己肯定感だが、自己肯定感が低い人より高い人の方が、苦しさが少ないらしい。

例えば、自己肯定感度が1~10まであったとしたら、私の総合自己肯定感度は、現在7ぐらい。

でも10年前は今に比べると、かなり低かったと思う。20年前はさらに低かったと思う。

ということは、自己肯定感は自分次第で変わって行くものだ。

私は元々がたぶん低い方だったし、人と比べてしまう傾向が強かった。いまでも多少そういったところはある。

でもどうして上がっていったのかと言えば、一つは努力が続けられたからだと思う。コンプレックスに感じていたことを、一つひとつ時間をかけて解決してこられたからに他ならない。

でもそれが出来たのも、自分の肉体と精神は健康だったからかもしれない。

昨日、渋谷の湘南ラインのホームで電車を待っているときのことだ。

スタイルの良い20代の女性が私の前に立っていた。ふとその女性の腕をみると、何年か前のものだろう。たくさんのリストカットの傷跡があった。

あまりに痛々しく、強く印象に残ってしまった。そのあと知人のFacebook投稿で良い本だったと書いてあった、

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ Kindle版

を読んだ。リストカットや拒食、過食といった生々しいテーマだったけど、著者が自らの心の内を語ることで、少しずつ前向きに進んで行く様子が読み取れる良い本だった。

本でも漫画でも、自分の心を語るのは、自己肯定感をあげる、一つの行為ではないかと思う。

ちなみに私も心に重たいものがある日の方が、小説もすらすら書ける。

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-07-30 19.38.45

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計45,024/誤差-13976字/今日の達成字数867

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/スクワット50/

☆今日のありがとう

今日は静かに仕事ができました。ありがとうございます。

The Author