2017年下松アイランドトレイルに行ってきたその4

2017年下松アイランドトレイルに行ってきたその4

2月 16 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

下松入りした日から濃い一日となり、夜が明けていよいよレース当日。

朝は7時から食事をして、スタート地点へ向かう。

 

天気が悪いせいか薄暗く、なんとか雪や雨は降らないで欲しいと願う。

2017-02-12 08.20.31

スタート時間は、30キロのM沢さんは8時半

17キロの残り四人が9時スタートとなる。M沢さんを見送ってから時間があるため近隣を散策するが、寒くて動けない

2017-02-12 08.34.14

参加者は300名ほどで、ロングの参加者のほうが多く二つのそれぞれ100人程度に組み分けされてのスタートになった。

ロングコースはこちら

img_long

ショートコースはこんな感じ。ロングに比べるとだいぶ短く感じる。

img_short

2017-02-12 09.10.58

スタート1キロ地点で、橋を渡り、恐竜をくぐって山の中に入っていくなんて、ちょっとワクワクな設定もある。

2017-02-12 09.11.46

まずはひたすら登って行くが、普段のハイカーも少ないせいか、道がフワフワで、足への負担が少ない。

一つ目のキツいピークを越えて、下って出たところは、日本とは思えないくらい美しい海岸

ところがこれが、けっこうな向かい風で寒いし抵抗がキツい。

2017-02-12 10.12.10

再び山の中に入ってみると、この景色にうっとり。

2017-02-12 10.14.29

こんな竹林もあって、コースがオモシロい。しかし竹の根っこが仕掛けのようになっていて、足を引っかけないように気をつけないとならない。

2017-02-12 10.29.40

再び海沿いに出て、向かい風で体力を奪われる。

 

この辺りから、大学生らしいかわいい少年と話ながら走ることに。

トレランはタイムを競っていない人も多くて、初対面の人たちと「キツいですね」「景色キレイですね」「どこから来たんですか?」なんてペラペラ話しながら進むことが普通だ。

2017-02-12 10.59.10

二度目のエイドに到着すると、

 

エイドでは豪華に振る舞われる。都心から近いと、飲み物しか提供されていないこともあるので、遠くまでくるとエイドもちょっとした楽しみになる。

都心に近くてもだいたい、どら焼きやバナナを二口サイズにカットされたものはある。

写真を撮り忘れてしまったけれど、豚汁みたいなのも提供されていた(私は走っている最中はまったくたべられなくなってしまう)

2017-02-12 11.10.11

休憩していると、Aちゃん発見!

普通に走ってきている。すごい。

2017-02-12 11.11.17

Aちゃんはトレランの練習会や登山は来ていたが、大会出場はこの日がはじめてだった。私の友人女子のなかでも、瞬足のノーぽち女子で、(ノーぽちについてはこちらを)

なんでもトライしてしまう、超究極のチャレンジャーだ。

2017-02-12 11.11.48

ここまでの道のりがけっこう辛かったので、ハグを。

で、先に私が出発するも二つ目の難関、ピークがツライ。

途中ロングの人たちに数人抜かれてしまう。ロングの方がすでに10キロ以上長く走ってきているのに、それでもロングの人のほうが早い。

2017-02-12 11.53.42

ところが足の痛みで悶絶をしている人なんかもいて、距離が長いと何が起きるかわからない。この日も足が激痛なのか、雄叫びを上げながら登っているロングの人がいた。

ショートぐらいだと乳酸出過ぎてヤバイぐらいで、特に想定外の体の変化は起こらない。

 

雄叫びの人があまりにも辛そうなので、自家製干し梅とエビアンを譲ってあげた。

2017-02-12 12.03.25

荷物は多少軽くなったものの、あまりに登りがツライので、ダラダラ歩いていたら、再びAちゃんに追いつかれ、追い越された。

雲行きも怪しく、雪が降ってきて、瀬戸内海の左は天気で右は雪という景色をみることができた。

 

で、私は下りは早いので、Aちゃん追いついた。Aちゃんは下りがツライらしい。

ここからはもう残り2キロぐらいなので、二人一緒に行くことに。あの橋を渡ってゴール。めちゃくちゃ楽しみ。

2017-02-12 12.21.26

ここからゴールが見えたが、アスファルトの道が辛すぎで、手を取り合って休まず走り抜けた。

が、いったん手が離れて、休んだら再び走れなくなってしまった。

とはいえ、無事に橋に到着!

2017-02-12 12.22.39

撮影会などしつつ、もうタイムはどうでもよくなっていた。

 

そして仲良く同時にゴール。

2017-02-12 12.35.09

久々のトレランの大会出場であまりに辛く、ゴールはちょっと感動した。

2017-02-12 12.33.32

30分ぐらいゴール地点にいたら、4時間28分で30キロを走ってきたM沢さんが戻って来た。

2017-02-12 13.01.42

夜はただの酔っ払いだが、やっぱりこの男早い。しかもどこも痛くないらしい。

ちなみにH口さんは、ショートだったので、いち早くゴールをして、部屋に戻り洗濯まで終えていた。

S訪さんは、M沢さん情報によると、途中で追い越してまだ当分戻ってこないとのことだったので、雪も降ってきたし、三人で宿に戻ることにした。

2017-02-12 13.03.15

下松イメージキャラクターのこの子、妖精なんだって。

甘酒の美味しさに感激するM沢さん

2017-02-12 13.14.10

ちなみに、豪快なS訪さんは、この日まで一度も走るトレーニングはしなかったそうだ。S訪さんの驚愕のトレーニング方法は?

続きはまた明日。

The Author