2017年下松アイランドトレイルに行ってきたその5

2017年下松アイランドトレイルに行ってきたその5

2月 17 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

無事S訪さんもゴールをしたと連絡をもらって、ほっと一安心。

ちなみにS訪さんは大会当日まで一度も走っていない。走る代わりにデッドリフトというハードな筋トレを毎日していたらしい。

その重りは200キロというから、本当にすごい。

しかもたった一年間で、体重も120キロから80キロと40キロの減量をしているから、人間ってそんなことが出来るのかと驚く。

で、そのときの話が実に興味深かった。毎日そんだけ重い物を持ったら腰痛になりそうだけど、実際は腰痛が治ってしまったそうだ。

いたわるという言葉があるが、いたわったら余計に悪くなることがある。

痛かったら鍛える、風邪を引いたら逆に体を動かした方が早く治るように人間の体は出来ているという。

たぶん運動している人であれば、それはなんとなく理解出来ると思う。

私のモートン病なんで最たる例で、運動不足で足の裏の筋肉がなくなり扁平足になった(たぶん)

痛いからといって何もしなければ、余計に衰えて他にも影響を与えることになる。

実際走っていてモートン病の痛みはどうだったのかと言うと、わりと走れた。なんだか痛みは気のせいだったような気もする。

痛くなり始めたら、足の裏に意識を向けて、土踏まずのアーチを引き上げるイメージをすると、本当にアーチは上がって、痛みがなくなるような感覚すらあった。

本当にアーチが上がったかは分からない。でもそんな意識一つで走っているときの痛みが軽減するのだから、痛みは気のせいかもしれないと思う。

 

さて話は皆で宿に戻ったところから始まる。運動不足の筋肉痛を早く治そうと、一時間以上サウナと水風呂を繰り返した。

このときのAちゃんの行動を見て、やぱりトレランやろうなんて人は、そもそもがなにか違う気がした。

私はサウナ→水風呂をを繰り返していた。

Aちゃんは、サウナ→温泉を繰り返していた。暑いところから熱いところだ。信じられん。

普通ならのぼせて倒れそうだが、「気持いいですね」なんてケロっとしているから、かなりの体力の持ち主だ。

そして楽しい夕食。この日昼食は抜いているので、17時から開始。

2017-02-12 17.04.00

二日目のこの日はちょっと奮発して、和洋コース

そして美しい夕焼けも見ることかできた。

S訪さんの格好が、白短パンにスリットが入っていて、オッサンの生足が気になってしょうがなかった。

2017-02-12 17.50.06

この景色が食事をしながら観られたのだから、最高の特等席。こんな宿はなかなかない。

そして今宵の二次会もお部屋で。遂にS訪さんのグラスは、ピッチャーになっていた。

30分後、M沢さん本日も電池切れ。

2017-02-12 19.34.05

S訪さんが、「M沢さんは突然電池切れになるんですね」と感心していた。

もうこうやって電池切れになるM沢さんは何度見ただろうか?

明日は、岩国と宮島観光のお話

The Author