競技用水着のパット(ブラ)がついていない理由と東京体育館の水温。

競技用水着のパット(ブラ)がついていない理由と東京体育館の水温。

1月 5 2016 - 4,スポーツと旅
Pocket

この時期になると、プールに行くたびに、風邪を引いてしまったのではないかと思う。

スポーツクラブやホテルなどの室内プールに比べて、東京体育館の50メートルプールの水温は一年中低めの設定になっている。

album_3

どの程度差があるのかというと、

【東京体育館プール】
水温28~30度
室温30~33度前後

【某スポーツクラブ、ホテルプール】

水温30~31度

室温33度前後

たった2,3度の低くなっているだけなのだが、これがえらい寒いのである。

確かに人間の体温も1度変わっただけでも、調子がまったく違うので、ホテルなどの暖かいプールで泳いでいて、東京体育館に来ると、きっと凍えてしまうだろう。

なぜ低くいのかと考えると、まるで競技のようにガンガン泳いでいる人達に合わせた温度設定になっているのだと思う。

今日も東京体育館にスイムレッスンに行って来たが、ゆっくりお風呂で暖まっても、帰りの電車の中では、毎回くしゃみ連発で、風邪を引いてしまったかも知れないと思うのである。

ちなみにウエットスーツの上を着て、遠赤外線のプール用腹巻きもしているのだけど、それでも寒い。

同じように寒さに敏感な人は多いのか、10月にもなると利用者が半分程度になってしまい、とても空いている。

 

東京体育館では、一昨年から海を楽しく泳げる様になる会「海人くらぶ(うみんちゅクラブ)」という会に入会し、定期レッスンを受けている。

海人くらぶhttp://uminchu21.com/about/

年会費は一万円かかるけれど、一回2,500円でプロのスイマーからレッスンが受けられるので、かなりお得だと思う。(東京体育館の入場料が別途600円)

レッスン時間は一時間設定なのだが、けっこう曖昧で長いときは一時間半近く教えていただける時もある。(代々木、辰巳体育館のレッスンも有り)

その他、イベントで伊豆や沖縄の合宿、ロットネスト海峡の海を泳ぐなんてこともやっているので、海を本気で泳ぎたい人達にはかなりお勧めのスイミングクラブである。

昨年のトライアスロン大会前には、逗子での初の海練習も付き合っていただいたり、かなり助けていただいている。

 

私自身はカナヅチからのスタートだったけれど、とりあえず息継ぎは3回目のレッスンでできるようになった。

その後はトライアスロン初出場に合わせて、とにかく溺れずに前に進む練習をしていた。

しかし終了した10月中旬以降からは、フォームを作っている。完成したらもの凄く早くなるのではないかと、今から楽しみである。

 

ところで以前から気になっていることがある。

女性用の競技用水着には、大きく二種類あって、競技用水着とフィットネス用水着がある。

競技用水着は、薄手で密着度も高く速く泳ぐために工夫がされている水着だ。

一方のフィットネス用水着は、生地は競技用に比べて厚く、密着度も適度になっている。

この二つの大きな違いは、パット(ブラ)が付いているか、いないかになるんだけど、東京体育館に行くと、競技用水着使用者の割合がかなり高い。

そうなると、当然パットが付いていないので、乳首が分かってしまうのである。

10代の若い子~70歳近い女性まで、みな同様だ。

なぜパット付きで売っていないのか。スピード重視と言えど、それだけではないような気がして、理由が知りたくなったので検索をしてみると、答えらしきものを見つけたのだ。

mizugi

世界記録、日本記録に関係する大会での水着規定にパット禁止、インナーも禁止となっていた。国際水泳連盟(FINA)の水着に関する規定2012年だが、2016年1月現在も変更は無いようだ。

分かったような、分からないような。

結局、プロスイマーの世界では、小さい頃から競技用水着を着用していて、もはや当たり前で、メーカーも規定に合わせているので、パット付きで販売していないと言うことなのだろう。

ちなみにパットは別売りで販売しているので、気になるなら付けることも可能である。

しかし薄手の生地なので、パットの形が気になるようになるかも。

ついでに言うと、私は厚手パット付き体のラインが出ない、フィットネス用水着を着用している。

そのうち私もスピード重視なんて言って、競技用水着が欲しくなったりするのだろうか。

 

あとがき☆☆☆

仕事はじめと仕事のやらなくちゃいけない事と、大学レポート、その他諸々一気に忙しくなってしまって、気分ばかり忙しくて、今日はちょっと疲れてしまった。でもスイム練習は欠かさず行ってきた。今月はあと二回予定しているのだけど、風邪を引かないように気をつけよう。

今日のありがとう☆☆☆

ぼけている私に情報を提供してくれて本当にありがとうございます!本当に助かりました。危うく単位修得試験の申込みを忘れるところでした。感謝!

The Author