京セラフィロソフィって原理原則だよなぁと。。立ち戻ろうかと思った話

京セラフィロソフィって原理原則だよなぁと。。立ち戻ろうかと思った話

10月 18 2017 - 1,そこはかとない話
Pocket

昔は、松下幸之助や稲森和夫の本を考え方の参考にしたりしていた。

松下幸之助の『道をひらく』なんかは、何度も読み返した。

同時期に稲森さんの本も何冊か読んで、二人の考えは、世の中の原理原則でありもっとも参考にすべき考え方だと思っていた。

ところが、二人の言っていることは、当たり前過ぎて、まじめ過ぎて、あまり読まなくなっていた。

そしてもっと刺激のある、現代に沿った役立つ知識や技術を教えてくれる本ばかり読むようになっていた。

でも久しぶりに稲森さんの『京セラフィロソフィ』を読み始めたところ、実直過ぎるけれど、これはやっぱり原理原則だよなぁと思った。

 

いま、自分の方向性をあたらに定めていく時期に来ていて、この本を読む機会を得たので、しっかり読んで実直にやっていこうかなと思う。

 

ちなみに、久しぶりに昨夜から葛根湯ミニボトルを食間毎の飲み続けたら、体の中から暖かくなっている。

熱が出たんじゃないか?と思うくらいなので、相当効果あるかも!

お陰でたった一晩で、なんだかだいぶ調子が良くなった。

今週は忙しかったのに、思うように動けなかったし頭も使えなかったので、明日からちょっとがんばらねば!

葛根湯も身体の原理原則にうまく働くようだ。

 

「京セラフィロソフィ」の画像検索結果

The Author