教えたくないお店 一軒家 フレンチ 元町ラ・バンリュー

教えたくないお店 一軒家 フレンチ 元町ラ・バンリュー

8月 14 2017 - 横浜が好き
Pocket

 

横浜には、美味しい料理を作る料理人がたくさんいる。

本当に美味しいので、なぜ都内でお店をやらないのかな?都内に行ったらもっと繁盛するはずなのに、なんて思うのだけど、都内に引っ越さない理由はおそらく私と同じで、横浜がやっぱり好きなのだと思う(勝手な想像)

 

元町ラ・バンリュー

元町のはじっこにあって、ウチキパンのすぐ近くにある。

本当に一軒家で、ドアを入って、一段上がるところも家っぽい(靴のまま)

http://www.la-banlieue.com/

 

P8110681

 

こちらのシェフの経歴が素晴らしく、パリや南フランスの二つ星、三つ星レストランでの修業もされている。

  • パリタイユヴァン
    ヴィヴァロワ
    アピシウス
  • 南仏ホテルネグレスコ
    ル プティ ニース
    リヴォットターヴァン

ざっとこんな感じ。

なかでもパリにある三つ星レストランは、日本でも恵比寿ジュエルロブションの前身だった、タイユバン(タイユバンロブション)。

アピシウスは有楽町にもあるので、それらの本店で、修業していたシェフと聞けば、ちょっと来てみたいと思う人もいるのでは?

 

何から何まで丁寧に作られていて、ディナー時間の予約は、通常は一日二組まで。

すべての組みが、事前の予約であれば、三組まで。

 

元々は、本牧の方で、四階建ての大箱で営業していたが、オーナーシェフ自身が年を取ったらたら、自分と給仕をされている奥様一人の二人でまかなえる規模に縮小して、続けて行きたいという思いがあり移転してきたそうだ。

現在シェフは、ちょうど還暦。

 

さて、お料理は、照明が暗めになっていて、あまり美味しそうに撮影できていないのだけど、かなり美味しかった!

 

P8110643P8110649P8110653P8110655P8110656P8110661P8110671P8110672P8110673P8110665P8110676

<元町ラ・バンリュー 8周年感謝メニュー>

スペシャリテ 人参のムースとコンソメゼリー
天然帆立とトマトの上澄み、夏野菜の一皿
フォアグラのポワレとイチジク エピスソース
冷たいカボチャのスープ ヴァニラ風味 ジュンサイ添え
本日の魚料理 モロッコ風スパイス風味
乳飲み仔羊のロースト 発芽マスタードソース
または
和牛タンと夏野菜の網焼き レモン添え
自家製天然酵母パン
夏のデザートパラダイス
カフェ・ミニャルディーズ

¥10,000(税込) サーヴィス料10%別

 

今回はたまたま元町に移転して、8周年記念と言うことで、税込1万円のコースがあったが、通常は、税別、サービス料別で1万、1.2万、1.5万円の3つのコースからなり、すべてシェフお任せのコース。

 

コーヒーも水出しコーヒーで、この日は2名×2組=四名の客のために、8時間もかけて落としているというから、ビックリ。

(水出しして、温めて提供)

 

ちなみに予約が取り辛いというわけでもなく、たぶんそんなに広告もしていなさそうなので、知る人ぞ知る的なお店なのかも?

 

ランチもやっているし、お料理教室なども開催している。

横浜に食事に行くと考えると、ついホテルなどに入っている有名店に行ってしまいそうだけど、こういったお店が横浜デートらしさを盛り上げてくれると思う。

 

編集後記

連休中だけど、早起き継続できました。たまにはお休み日を作って時間を気にしないで寝ていたいなと一瞬考えてしまうけれど、毎日続けるのが結果的に一番楽になるので、このまま続けて行こうかとおもいます。

それと、朝一のテンションって大事なぁと思った。朝一に気分良くスタートできると、その日の効率がぜんぜん違う気がする。ただだいたい15時くらいになってくると、失速してくることも。。

The Author