ロードバイクで45㎞ 鎌倉から湯本富士屋ホテルへ。VOL,2

ロードバイクで45㎞ 鎌倉から湯本富士屋ホテルへ。VOL,2

7月 31 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

昨日は、ロードバイクで箱根湯本まで行って来た。

 

VOL,1からどうぞ。↓↓↓

https://cocoro.life/load/

 

今回のメンバーは、東京から、横浜まで40㎞バイクで走ってきて参加の、トライアスリートのEちゃん、

最近Blog更新がゆるゆるなバッシー

最近のトレラン部は、実は私と二人しかいないんじゃないか?って勘違いしてしまうほど、参加率の高いM沢さん

一昨年の峰の原トレラン大会出場以来、トレランやハイキングは参加してくれなくなったkムラ夫妻

今回の企画者、バイク10年歴のてっちゃん

そして私の合計7名の参加だった。

 

2017-07-29 12.42.31

 

横浜のロードバイクショップ「バイクポート」からスタート。

このお店は、てっちゃんの行きつけのお店で、ものすごくよくしてくれる。

良いバイク屋に巡り逢っていない方は、こちらがオススメ。

 

バイクポートで、二手に分かれてスタート。

Eちゃん、バッシー、M沢さんの三人は、横浜~箱根湯本まですべての道のりをバイクで移動

Kムラ夫婦、私、てっちゃんは、横浜駅から鎌倉まで電車で移動し、鎌倉から箱根湯本までバイクで移動

 

こちら横浜駅付近でバイクのタイヤを外して、輪行用のバックにしまっているところ。

 

20374355_1507509232661551_4533628967103403128_n

 

このバイクを運べるように、解体する作業と組み立てがてっちゃんしかできないので、皆を引率中だ。

ちなみに私もこの日はじめて輪行バックを使用して、バイクと共に電車に乗った。

 

解体と組み立てが、一人でもスムーズにできるようになれば、旅がもっと楽しくなるかもしれない。

車や人の少ない土地に行って、走るのはぜったいに気持ちがいいはず。

 

こちら、輪行中の写真

20429726_1293740944068264_690371158741185081_n

 

バイクの輪行は、混雑時は、かなり迷惑になってしまうので、早朝で一番前か、後ろの車両に乗り込むのが鉄則らしい。

 

鎌倉に到着して、再びバイクを組み立て、早速箱根湯本に向かうが、この日は、薄曇りではあったけれど、湿度が高く、少し止まると、汗が滝のように流れてくる。

 

途中何度か水分補給休憩を入れつつ、ゆっくり目に走る。

でも、暑さに強い私はけっこう余裕で、大して喉も渇いていないし、起きてからまだ何も食べていないし、我ながら燃費効率の良い体をしていることに感心する。

 

2017-07-29 12.08.01

 

途中、コンビニで小さな麩まんじゅうを一つだけ食べて、ランチまでの20㎞くらいを走り切れてしまうのだから、どんだけ燃えやすい脂肪を蓄えているのか?と、やはり女性は長生きするようにできているのかもしれない。

この頃、バッシーは東京から横浜までも走って来ていることもあり、エネルギーが足りなくなりフラフラになる状態のハンガーノックまたはシャリバテという状況に陥り、一人で先にランチをしていたそうだ。

持久系スポーツをする男性は、このハンガーノックになりやすい。おそらく筋肉量が多く、脂肪が少ないなども影響しているのだと思う。

 

ただ、慣れもあるので、ハンガーノックになりやすくて、不安のある人は、普段からプチ断食のような状態をつくって置くと良いと思う。

ちなみに私は、朝食はフルーツのみで、昼も食べないときがあるので、空腹状態にはなれているから、スムーズに貯蓄エネルギーを使えるように鍛えられているんじゃないか?と想像している。

 

2017-07-29 12.51.07

すっかりお腹が空いたところで、大磯にある、てっちゃんが一押しの定食屋さんに到着。

 

2017-07-29 12.53.44

 

私が注文したのは、さわらの煮魚がメインの定食で、お刺身とフライ付き

しかしこのフライのサイズがまちまちで、私のフライの三倍サイズもあって、フライがメインのような人もいた。

 

2017-07-29 12.55.27

 

こちらは別で注文した、朝ここの漁港で上がった生しらす。

 

お腹がいっぱいになったあとは、ひたすら箱根湯本に向かう。

そして、なんと!シャリバテで、途中から走るのを断念して、電車輪行で箱根に向かったと思っていた、バッシーと合流。

私たちはランチをしている間に、抜かしてしまったらしく、先に行って待っていてくれた。

無事全メンバー揃って、ちょっぴり小田原城で休憩。

 

2017-07-29 15.01.54

 

小田原城をバックに最高の構図で集合写真が撮れた。

 

続くーーーー

The Author