毎日1,000字ずつ小説書いていくことにしました。

毎日1,000字ずつ小説書いていくことにしました。

4月 11 2016 - 1,未分類記事
Pocket

昨日のブログで、長編を三本書けたら小説家になれると書いたら、一日1,000字ずつ三本同時連載をすれば、一年弱でできると、ご自宅の小説のページ数まで教えてくださった方がいた。

三本同時進行はキツすぎだけど、でも頑張れば一年以内に小説家?なんて、ちょっと希望が持ててしまったので、早速今日から書いてみようと思い、先ずは計画を立ててみた。

だいぶ適当だが、一本ずつ仕上げて行くので毎日1,000字を書いていって、だいたい来年の8月初旬に長編三本完了だ。

無題

実際は、多く書ける日もあるだろうし、1,000字に満たない場合もあると思うけれど、とにかく何字でもいいから、必ず書いて行くことに。

一週間に一回は、推敲と足りていない場合は予定字数に達するようにすると、決めておけば、なんだか続けられそうな気がしている。

まだ今日の分も書いていないので、スタートしてみないと分からないけれど。

 

私のブログの師匠が、昨年ビジネス書を執筆しているときに、一日一節を書くと設定していた。

やり方はおそらく出版されたら、その全貌が明かされると思うのだけど、とにかく毎日更新しているブログの最後に以下のように書かれていた。

【1日1節】
時間術の本を1日1節書く。12月22日完了予定。
42/84

時間術の本だから、時間管理をしながら執筆したようだった。

はじめはそんなやり方で続くのかなと疑問に思っていた。

書きたいときに思いっきり書いてしまった方が、効率がいいのでは無いか、旅や飲み会もあるのにできない日も当然あるだろうと思っていた。

しかし本当に日めくりのように数字が変わっていた。

ちょうど上の数字の42日前後はロタ島のトライアスロンも一緒に参加していたのだけど、他は全員寝ているのに、毎早朝リビングでパソコンに向かって居たから驚いた。

私にはできるかどうか分からないけれど、ちょっとトライしてみたいと思う。

 

今日の渾身の一枚☆☆☆

P3300009

今日のありがとう☆☆☆

松田さん、ありがとうございます!先ずはやってみます。

卒研小説、9,767字からスタート/今日は10,806字達成

 

The Author