妄想は欲求不満力を高め、欲求不満MAXになると、自然と爆発できる。という話。

妄想は欲求不満力を高め、欲求不満MAXになると、自然と爆発できる。という話。

8月 9 2015 - 1,未分類記事
Pocket

 

ここ数日の私は、トライアスロンのトレーニングと大学のレポートのことで頭がいっぱいだった。

2015-08-05 08.40.07

一応、中年女性にもなっているのだし、もちろん仕事もしているのだし、トライアスロンのトレーニングと大学のレポートで頭がいっぱいって、なんだか可笑しいだろう。と思いながら本当に、この二つのことでプチパニックだった。

トライアスロンのことについては、昨日のblogでほとんど殴り書きだったが、少し書いてみた。

そして昨日気がついたのだが、Google検索をしてみると、女性がトライアスリートになるまでに、参考になりそうな、個人のblogがあまりに少なかった。

少なかったので、井ノ上さんblogのサイト内検索でひたすら勉強をさせてもらうしかなく、色々分かってくると少し落ち着いたりもした。

でも女性だからこそ知りたいことがあって、例えば男性だとトライスーツの下は何もナシ。でも女性はどうなっちゃうの?って、疑問が湧いて、ぐぐっても、答えは「サラシ」または「さらしブラ」って、意味不明で、納得できる答えは見つけられないのだ。

だから先ずは、スタートラインに立てるまでを書いていこうと思った。

大学のレポートについては、プチパニックの原因だった課題を今日終えてしまったので、気持ちがものすごく楽になった。

今日と明日の二日間かけても、書き上がらない予定だったのに、書き始めたら、なんと四時間で出来上がってしまったのだ。

なんとも拍子抜けで、後はだらだらと推敲をしていた。

2015-08-08-23.31.30.jpg

短編か中編の小説が卒業論文になるのだが、二年で卒業をするには、8/3~12日までに作品の構想や執筆の動機や経緯(作品概要)を400字~800字と、草稿または作品の一部2,000字~4,000字を京都の本校へ到着していなければならない関係で、書くのは今日と明日しかないと思っていた。

土日ではたぶん足りないので、月曜日の「家族・親戚ランチ会」を早々に切り上げて、書き続けなくてはならないだろうと思っていた。

しかし、結果は650字の概要と4,500字の草稿が、指定字数オーバーであっという間に出来上がった。

確かにblogを4,000字書き上げるなら四時間もあれば、かなりいい感じの文章が書けるような気がする。実際に長いときは3,000字越えで書いているときがあるし、もちろん四時間も掛かっていないだろう。

でも私が今日書いたのは「小説」なのだ。

仮に中編小説を書くとしたら、8万字ぐらいだから18分の1の原稿量なのだから、全体の構想とか、登場人物とか事件やビックリさせる奇想天外なんかも、考えなくちゃいけない――

でも終わった。

ビックリするくらいに早く終わった。

なんなんだ?

確かに、この二週間ぐらいは暇さえあれば、小説の内容を妄想していた。

妄想しながら、気持ちは毎日焦っていた。

でも創作のための時間が作れなかったから、今日まで頭の中で妄想していた。

でも、もしかしたらさっさと書いてしまえば良かったのかも知れない。

創作には最低でも2日掛かると思っていたのだ。だから、だから、だから毎日、プチパニックだったのに。

思えば、トライアスロンのトレーニングもそうだった。

重度の貧血になり、二ヶ月間何も出来なかった。

体調が悪いときは体を動かしたいなんて気持ちに少しもならなかったのに、少し体が軽くなってきて、もしかしたら間に合うかも知れないと思ったら、一気に気持ちばっかり焦りだし、どうやったら間に合うか、二ヶ月で仕上がるかと妄想ばかりしていた。

実際動けるようになったら、ランと筋トレ量はすぐに戻せた。

不思議なことにあんなに嫌だった、東京体育館に行きたくて仕様が無い。

そして、分かった。欲求不満力ってすごい。

妄想し続けて、それが発散されないと、欲求不満MAXになって、一気に解放されるとめっちゃパワーが出るんだなって。

で、思った。男性の性欲とはこんな感じなんだろう―――

私も違うことに使いたい。絶対に結婚してやるぜ!的な原動力にならないだろうか。

トライアスリートにも小説家にもならなくて良いんだけどな――

あとがき☆☆☆

締め切りの近いレポートに間に合ったと言うだけで、実はまだ、たくさんあるんです。どのくらい時間が掛かるのかと、把握出来ていないから、余裕なだけです。

これから確認します。

確認したらまたパニックかも知れません。

体幹筋トレ15分

ストレッチ15分

The Author