未来の自分を想像してブログを書く

未来の自分を想像してブログを書く

4月 1 2017 - 1,そこはかとない話
Pocket

最近ブログを書くときに、意識するようになったことがある。

例えば五年後に知り合った人が、過去の私のブログを読んでくれたときに、違和感のない内容にしようと。

五年後の自分を想像したときに、おそらくブログも継続していると思う。

五年も続いたら、Googleからもそれなりに評価されていて、アクセスも上がっていると思う。

五年も継続していたら、さすがに中心となるコンテンツもできていると思う。

おそらく「渡邉美香は、〇〇について書いている人」って、なっているだろう。

仮に有名人になっていた場合や、私にもの凄く興味をもってくれる人がいた場合は、過去のブログも読んでくれると思う。

実際わたしも昔、好きな人がブログを書いていた時期があって、そんなに量もなかったから、遡って読んでいったことがある。

書いていた本人は、過去のブログの内容なんですっかり忘れているのに、読んでくれた第三者は、今を基準にして過去の記事を読む。

過去のいい加減な記事が、現在に影響を与えるかもしれない。良くも悪くも、過去のブログがつきまとうことになる。

ならば、未来の自分を意識して、そこそこ有名人になっているつもりで書いていったほうが良い。

 

2017-03-23 17.38.41

The Author