未来のワクワク感には根拠のない自信も大事だと思う今日この頃。

未来のワクワク感には根拠のない自信も大事だと思う今日この頃。

6月 14 2016 - 1,未分類記事
Pocket

最近は仕事に関連することばかりブログの題材にしているけれど、いま仕事がとても楽しいからつい書きたくなる。

今日も仕事の打ち合わせだったのだが、もう本当に楽しかった。これだけワクワクしてしまうと、たぶんプロジェクトも全部うまく行ってしまうだろうなと今から思っている。そしてこんな毎日が続けば、最高だなと思う。

ただ全部が上手くいくだろうというのは、根拠のない自信だ。でも、なんとなく将来のあるべき姿が想像できて、お客さんはハッピー、仕事に関わる人達もハッピーといった未来像が描けると、計画が詳細まで決まっていなくても、たぶん到達できるように運んでいくのだろうと思う。

ちなみに根拠のない自信はけっこう大事だと思う。特に新規事業なんかは自信がもてなければ何かに付けて進まなくなる。私の小説家の夢なんかもまさにその類いで、三本長編が書き上げられれば、必ず小説家になれると思っている。たぶんこの根拠のない自信がなければ、おそらく継続できていない。

もちろん根拠ない自信だけあって、実行しなければ、だたの口だけの人、想いだけの人だ。しかしワクワクする未来像は、現在の自分に行動をおこさせる原動力となるのは間違いない。

ちなみに以前私が二年近くの間ビジネスコーチングを受けていたコーチに先日会ったときに言われた。

「完全にフロー状態に入っているんじゃないですか?」って。確かにその通りで、やることいっぱいだから細切れではあるのだけど、完全にフローに入っていると思う。

フロー状態、あるいはフロー体験とはなにかと言うと、体感覚的には脳が澄み渡っているようなスッキリしているような、とにかく雑念がなく静かだ。

もちろん小説を書いていても、思考はめぐらせているので、常に考えてはいるのだけど、そのストーリーのことしか考えていない。

水泳もここ最近レッスンを受けた後に、一人で練習をしていると、もう本当に気持ちが良くなってくる。

さて、フロー状態が起きる条件は、

  1. 自分のレベルよりほんの少しの努力が必要。
  2. きっと出来るに違いないと信じている
  3. 自分で自分の上達が客観的に判断できる
  4. 集中できる環境

などが揃うと、フロー状態に入りやすいそうだ。

小説に関して、上記をあてはめると

  1. 初めてのことで勉強しながら書いている
  2. 三本の長編を書き上げられると自分のことを信じられている
  3. 一日1,000字と決めたことで、小さな達成感が毎日ある
  4. たいてい夜やっているので誰にも邪魔されない

こうして書き出してみてもフロー状態に入りやすいのかも?そしていまはこういったことばかりやっているので、たぶんフローに切り替わるのも早くなっていると思う。

単なる病気だったりして・・・・・・ドーパミン出過ぎとか?笑

 

 

今日の渾身の一枚☆☆☆

2016-06-14 10.41.44

今日のありがとう☆☆☆

今日お目に掛かった方全員ありがとうございます!楽しい一日でした。

今日の小説1,000字☆☆☆

B小説=累積32,507字/今日の達成825字(予定より5,493字マイナス)

よし明日はぜったいA小説のほうをやろう。間があくと内容忘れてしまう。

今日の腹筋50スクワット50回/ラン、スイム、バイクいずれか☆☆☆

腹筋50/スクワット50/

一日15分30捨て(捨てる物が無くなるまで継続)

完了!

The Author