ネガティブでもなんでも、話題になれがいいが、箸にも棒にもかからない

ネガティブでもなんでも、話題になれがいいが、箸にも棒にもかからない

9月 6 2018 - 2,お仕事系
Pocket

ネガティブな話題の効果
2018年9月8日昨日のMJを読みつつメモ

映画カメラを止めるなの勢いが止まらないという記事。
予算300万とも言われ、想像を超えて拡がる口コミ力(内容は画期的な構造でオモシロイらしい)
サプライズの関係者の挨拶などの努力もあるようだ。

300万の映画でオモシロイとなると、なにがオモシロいのかと気になるので観に行かなければ!

ネガティブな話題の効果でいうと、例えばサントリーの発売したレモンジーナという飲料が早々に品切れになった際も「切っ掛けは土の味がするとネガティブな口コミだった

昔から、発売後にネガティブでもなんでも、話題になれがいいが、なんの話題にもされなかった時点で失敗だったねと言っていた。

また、企業としては自社製品のポジティブな特徴をそのまま口コミにしたいたが、思惑通りにはいかない。むしろほとんど無い、

昔、依頼したプロデューサーの能力がけっこう、あちゃーといった感じで作ったDVD付きムック本が何度も重版になって、ロングセラーになったのに、安心のメンバーで作った同様のシリーズは重版が一度も掛からなかったり、
ぶっちゃけ運みたいな要素はけっこう必要だと思う。

The Author