やっと小説がスタート。

やっと小説がスタート。

9月 17 2017 - 5,そこはかとない話
Pocket

朝5時半からの朝礼に参加するようになって、今日で47日が経過。

寝不足のときは、目覚ましが鳴って起きるものの、起きるのがツラいという感じは無くなってきた。

もう体が、起きる時間を記憶しているんだろうなぁと感じる。

 

今日は、久しぶりに小説を書いた。

数日前から、自然に小説を書きたいと思うようになってきて、一昨日の目覚める直前に、夢か意識か記憶にないのだけど、「そうだ!小説を書いて、年内公募に出そう! 」と思って目が覚めた。

しかも入賞するような、とっても良いイメージもともなっていたので、早速公募ガイドを購入した。

 

すでに書き上げている小説を見直して、いまいちなところを書き直しさえすれば、すぐに仕上がるし、その小説にあった公募先を探せば良いだけだ。

やることはいたって簡単なのに、なぜ今までやらなかったのだろう?と不思議に思った。

 

そして、今日仕上がっているものを読み返すが、2ページくらい読んで気がついた。

やっぱり自分のなかで、もうその小説が風化してしまっているんだと気がついた。

見事に読む気がしなかった。

もう既にこれを何度かやっていた。読む気がしないのに、捨てきれない自分に気がつく。

 

でも書きたい気持ちはあったので、新しい作品のプロットを書いてみようと思った。

書き出すと、本当に不思議なのだけど、普通に書ける。

普通にストーリーが頭に浮かんでくる。でも今回は気分にまかせてストーリーを進めるのを止めた。

 

過去2作は、浮かんでくるストーリーに任せて、イマイチ気に入らない物語ができあがったし、ストーリーに任せすぎて、途中で方向を見失ってしまったので・・・・・・・

だから今回はまず、しっかりプロットに取り組むつもり。

 

よくよく考えてみれば、なんらかの文芸賞に応募したとすると、出版社には多くの作品が送られる。

それを一つひとつ、読んでなんか居られないわけで、多くは、プロットを読んで、実際の作品を読むか読まないか?と決めるはずだ。

それならば、プロットを書き上げることに一番力を入れる必要があるし、プロットの時点で自分がおもしろいと思えれば、途中で悩むことも無い。

 

なので、ちょっと違う方法を試してみようと思う。

これまで書いた小説は、きっと直しても書きたいときが来るかもしれないので、そのときまで放置しよう。

The Author