今日は日記-小説を書くということ。

今日は日記-小説を書くということ。

7月 10 2016 - 1,未分類記事
Pocket

もうそろそろスイム練習にいかないと、久々に肩こり気味だ。

私のスイムのコーチが今療養されていて、レッスンがないのとちょっと忙しかったので東京体育館に行けていなかった。

で、約二週間ほど泳いでいなくて、今日は午後からずっと小説書きをしていたら、到頭、肩と首にきてしまった。

なので、本当に行ってこよう。

今日は、今通っている京都造形芸術大学の卒論に値する、小説の途中経過提出分を仕上げていた。

先週時間が作れなかったこともあり、満足はしていないのだけど、なんとか明日郵送できる。

合計字数はけっきょく37,000字だったのだけど、これを4セット出力をしなければいけなくて、(1セット43枚×4セット)+(概要2枚×4セット)=合計180枚で途中紙がなくなりそうだった。(ギリギリセーフ)

で、ページを揃えながら考えていた。先生って大変だよねって。

おそらく先生一人あたり4,5人の小説を読んで、校正入れて、コメントしなくちゃあいけなくて。内容がおもしろきゃ良いけど、なにせ素人小説だから、ツマラナイものも当然ある。

自分でお金を払って買った小説ならば、読むのを止めればいいが、そういうわけにもいかない。

だから今さらなのだけど、次回の提出は本当にきちんと推敲して、少しでも楽しんで貰えるように仕上げなければ!

仕事で書いている文章ならば、何度も何度も見直して書き換えるのに、自分で書いた小説だと、つい甘えが出てしまっていた。

なんて言ったって字数多いし。読み返すのだって大変。自分でも大変なのだから、先生なんてもっと大変だ。

だから自分のために書いているものでも、校正をきちんと入れてもらえるようにきちんと書こう。

と、出力終わってから考えた。もうやり直ししなくて良いから、たぶんその考えになった。笑

ちなみに小説スケジュールが先週でだいぶ変わってしまったので、作り直してみた。取り戻せないほど字数が足りないまま進めると、モチベーションが下がってくるので、ちょっとリセット。

今日からまた新たにスタート。遅れないで書き進めていけるよう頑張ろう。

ちなみに小説は書けば書くほど、書きたくなるけど、ちょっと休むと、止めたくなるのがよく分かった。あと推敲が一番時間がかかると知れただけでも、一ヶ月前より成長だ。

☆プロに近づくための1枚

2016-07-10 19.06.26

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計36,992/誤差8字/達成字数0

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/

☆今日のありがとう

静かな時間をありがとうございます。あぁ明日発送できて良かった。明日の朝サクッと仕事したら、次の打ち合わせまでの間にスイム連いけるかもー!嬉しい。

The Author