「今しかない」と考えて、毎日を過ごす

「今しかない」と考えて、毎日を過ごす

8月 17 2017 - 自己啓発な感じ
Pocket

 

ここ3年半は特にそうなのだけど、新しいことをやり続けている。

その中でけっこうハードルが高かったのは、スポーツだった。三年半のあいだに始めたスポーツは、

 

水泳

トレイルランニング

フルマラソン

ロードバイク

トライアスロン

登山

筋トレ(腹筋)

ストレッチ

 

水泳は、顔をつけられないカナズチからのスタートなので、足の付かないところで泳げる様になるまでは、恐怖心との戦いだったし、ランニングなどでも、ひどい貧血だったので、いつもゼーハーしていて、苦しいばかりなのに、よく続いたなと我ながら感心してしまう。

ちなみに貧血は、友人医師に顔色の悪さから、貧血を指摘してもらい、血液内科に行ったのが2015年の7月なので、なんと二年以上も通院しているとは。。

まぁ、2015年のときは貧血がひどすぎて、毎週鉄剤点滴を打ちに行っていたくらいなので、それを考えれば、いまは三ヶ月に一度鉄剤を貰いに行くのと、一日一錠飲んでいるだけだし、運動にも支障ないので改善はしてるのだけど。

 

で、あんなこんなで、思うのが、もっと早くスポーツを始めれば良かったということ。

例えば二十代のときからやっていたら、もっと上達していただろうし、貧血も早い段階で治していたかもしれないし、もっと違う楽しみ方ができていたかも?

 

P8130165

 

今という時間は本当に今しかない

 

水泳などは近年やってみて良かったことNO,1で、肩こりは一切しなくなったので、長時間パソコンに向かっていても、まったく辛く無い。

整体にもアロママッサージにも行かなくても平気になったので、お金も時間も掛からなくなった。

スイムレッスン費用は掛かっているけど、肩こりを改善させるための費用に比べたら、ぜんぜん安いし、効果が雲泥の差だ。

 

でも、水泳が肩こりにこんなに効果があると知ったのも、1㎞くらい継続して泳げる様になってからだし、楽しくなってきたのもこの時期だった。

上達の階段のようなものがあって、ちょっと上手くなって、横ばいの期間があり、それでも続けるとまた一段上がってと繰り返す。

あるとき、二段、三段跳びするときもあるので、そんなときは急激に楽しくなるが、基本的には少しずつしか上がって行かない。

 

でも常々思うのは、スイムなどのスポーツは、三年前にスタートしたから続いたのかもしれない。これがもし今日明日で始めたら、上達に時間が掛かってしまい、楽しさも半減し、続いていなかったかも知れない。

運動能力は、悲しいかな多少年齢にも左右されるので、一年遅れると上達のスピードが変わってしまうからだ。

もちろん何もしないよりもやった方が、個人的には良いと思っているけれど、年を重ねる毎に、ケガなどのリスクも増えてくると思うので、やろうと思った日の今は、本当に今しかない。

 

 

今しかないと決めてスタートする方法

 

スタート方法は、性格によって、さまざま。

少しずつ無理のないところから、はじめて行くほうが向いている人。例えばランニングなら、最初は一駅歩くことから始める、1㎞のウォーキングから始める。そして徐々に体を慣らしてから、着実に段階を踏んでいくパターン。

 

でも私などは、最初から高いハードルを置いた方が、やる気が出るので、オススメのパターン。

トレイルランニング(山の中を走る)は、まだランニングもしていない、徒歩15分の距離でもタクシーに乗っていたのに、二ヶ月後の20㎞山を走る大会にエントリーをしてしまった。

スイムも先にトライアスロンに出場すると決めてしまったし(宣言した)一番のハードルだったスイムが50メートル泳げるようになった時点で、ロードバイクを買ってしまった。

2週間前に始めた早起きも、二十年以上夜型生活をしていたのに、いきなり朝5時15分に起きるように切り替えた、気合と根性タイプ。

こういったやり方だと、当然ツラいしリスクも増えるので、失敗確率も高い。

でも、人間ってちゃんと上手くできていて、やろうと思って心に決めると、できる方法を探し出すから、意外に大丈夫だったりする。

ちなみにこのブログも、毎日更新する人限定のブログセミナーに参加した、2015年7月4日から毎日書かさずやっているのだけど、やろうと決めた日にセミナー申込の連絡をして、スタート時に挫折しないように、三日分のブログを書き溜めてから受講した。

いきなりハードルを高くしておくと、脳がどうやったらできるかと方法を探し出すし、難易度が上がるので集中力も増す。

なにをやっても続かない人は、いきなりハードルをあげてのスタートパターンをやってみても良いかも?意外と続けられるかもしれない。

 

それから、色々毎日続けていて分かったことは、毎日続けるコツは、毎日やり続けること。これに尽きる。

ブログなどは毎日続けていれば、多少文章を考えるスピードが上がるとしても、内容が毎日違うので、習慣にはならない。

習慣にならないので、1,2年継続しても負担はそんなに減っていないから、いつ止まってしまっても、まったく不思議は無い。

なので、毎日続けること自体が、自分への強制力になる。

 

あと、毎日続けていることを、他者に知ってもらっているのも効果がある(どう思われているかは別として)でも人間って頑張っている人や何かをやろうとしている人を応援したくなるのだと思う。

最近知り合って、Facebookで繋がっている人がスケボーを始めたらしく、時々練習動画をアップしているけれど、これがドンドン上達していて、見ているほうもおもしろくて応援したくなる。

 

これを考えると、自分で楽しいというのは大前提だけど、同時に人から応援されるような事業をやっていきたいな。。

 

編集後記

トライアスロンをやるようになって、自分のメンタルトレーニングにはもの凄い良いと思う。

海が汚い、波が高いなどのハードル高すぎて、なかなか完走できないけれど、あのスタート時の緊張感や恐怖心、逃げたい気持ちは、普段の生活でなかなか経験できないので、克服するには練習と経験を積むしかないと実感できるし。

 

今日は朝からコーヒーを飲んでみた。すると眠気が飛んで、頭がスッキリした。これはいいかも?

 

The Author