失礼ですがご結婚は?

失礼ですがご結婚は?

1月 18 2017 - 5,そこはかとない話
Pocket

「失礼ですがご結婚は?」

独身者からは間違ってもされないこの質問の仕方。

最初に「失礼」という言葉がついているのだから、本人に聞く前から、おそらく独身だと予測はできている。

もう慣れた質問なので、気にせず「独身で離婚経験ナシです」

と事務的に受け答えをしていた。

本当に失礼だと思っているなら、聞くなちゅうねん!って感じなのだけど、これだけで終わるならまだしも、この後に続く、思わず笑うやり取りも何度か経験がある。

再現トークはこんな感じ。

「失礼ですがご結婚は?」

「いえ、まだです。独身離婚経験ナシです」

「選り好みしているんじゃないですか?」

「そんなことないです」

「私の周りにもたくさんの独身男性居ますよ」

「えーそうなんですか、じゃあ是非紹介してください」

「どんな男性が良いのですか?まぁ~でも男性はたいてい若い女性に行ってしまうますからね」

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

は?

紹介する気ないなら最初から言うんじゃねぇわ的なトークだ。

 

文章にして改めて読むと、めちゃくちゃ驚く内容だが、冗談抜きでよくある会話だ。

凄いのは、一旦出したプレゼントを引っ込めるようなこの手の話は、独身にとって相当破壊力がある。

 

始めて会うとだいたい既婚か未婚かと聞かれるので、私自身も三十代後半になってからは、結婚をしていないことが、なにか欠落しているような気持になった。

離婚歴があったほうがまだ良くて、離婚歴もないと肩身の狭さは倍増する。

別にそんな質問をするんじゃないと言いたいわけじゃない。

ただその後は若干のコミュニケーション障がいは起きるだろう。

 

ちなみに異性として興味があって既婚か独身かを問う場合は、そういったれろれろオーラを出しとかないと、その先に進めない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

The Author