第八回シーサイドトラアスロン(八景島)に行ってきたVOL,4

第八回シーサイドトラアスロン(八景島)に行ってきたVOL,4

9月 28 2017 - 4,スポーツと旅
Pocket

9月24日は、第八回横浜シーサイドトライアスロン(八景島)に出場した。

今回の出場メンバーは、大学院の後輩の葵ちゃん、ポッチャリートのてっちゃん(アスリートに見えないくらいぽちゃぽちゃしているから)とイケメンアイアンマンのT氏(顔が見られるのはトレラン部入部特典)、私の4名

葵ちゃんは初のトライアスロン出場。なんでも参加、なんでも即決、なんでもやる気満々の男前。そして今回の一番の話題提供者となった。

イケメンアイアンマンT氏は、トライアスロンの最高峰である、スイム3.8キロ、自転車180キロ、ラン42.2キロと、とにかく長い。「鉄人競技」の異名を持つトライアスロンと言われるアイアンマンにも何度も出場している。「天は二物を与える」系を感じずにはいられない、仕事もプライベートもエリート。

ポッチャリートのてっちゃんは、トライアスロンシーズンが近づくと、プロテインを主食にして、持久系スポーツにはむかない、無駄にエネルギーを消費する筋肉マンに変身してくる。♯但し期間限定筋肉マン ♯無駄な筋肉 ♯三ヶ月しか持続しない

VOL,1からどうぞ!

 

いよいよバイクへ

 

昨日はスイムが終了して、と葵ちゃんが救護椅子で待機している姿を目撃したところまで書いた。

 

スイム海上から、バイクが駐めてある場所まで、走ったら2,3分、たらたら歩いたら7分くらい。

こんなにトラジションの場所が離れていることも少ない(横浜国際トライアスロンよりも遠い)

 

終わってから結果をみたら、スイムタイムが400メートル10分14秒でえらい遅い。

どうしてこんなに遅かったのか原因不明で、T氏に聞いてみると、シーサイドトラアスロンは、この移動時間もスイムレースタイムにカウントされていて、総合順位に影響するらしい。

後の祭りだけれど、スイムが終わってから、20秒くらい水浴びもしてしまったし、前半は歩いてしまったので、おそらく3分ちかいロスをしたんじゃないかと思う。

あ~失敗した。

とはいえ、終わってからタイムのことを考えられるようになっているので、ずいぶん成長したかも。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、自転車、屋外

 

バイクは20㎞時間制限は、80分

1周5キロのコースを4周する。

事前のコース確認もしていない、コーズMapすらみていないので、だいぶ不安がつのる。

そして国内のトライアスロンでは、はじめてのバイクレース参加(いつもスイムで競技中止だったので)

 

 

 

コースは八景島を出て、通行止めにしてある一般道を走るようになっている。

他のアスリートたちが、ほぼ水着に近い、トライスーツ(トライアスロン用の水陸両用ウエアー)で走り抜けていく。

トライアスリートは、バイクの風の抵抗を減らすために、男性でもすね毛を剃るくらいのなか、私は寒いので、風の抵抗がたっぷりあるウインドウブレーカーを着込んだ。

 

どのみちバイクはまったくトレーニングをしていないし、家から八景島までの20キロをすでに自走してきているので、タイムはどうでもよくなっていた。

 

実際もちょっと一生懸命に走ると、足には乳酸がたまってくるし、そう言えば一週間前に大山ハイキング行ったばかりだしと、頑張れないいい訳が浮かぶ。

 

他のアスリートたちに次から次ぎに抜かされる。

まるで四輪車に追い抜かれようとしているのか?と勘違いしてしまうほどの、大きなタイヤ音を発しているので、抜かされることにも、慣れるまでびくびくしてしまった。

 

葵ちゃん発見!

 

一周が終わったところで、派手なウエアーを着た葵ちゃんが、スタート地点からバイクコースに入ったところで発見!

 

22052433_1938068922886186_1234738279_n

 

競技中止ではなく、「スキップ」ができたのだと分かって、嬉しくなった(スキップ=スイム完了きなくても、一定時間待ってからバイクレースに参加出来る大会がある)

葵ちゃんは20メートルも離れていない前を走っている。

追いついて声をかけたいので、スピードアップするものの、ドンドン引き離されていく。

 

2周目に入ると、体を支えている両腕が痛くなってきてしまい、ロードバイクのかっこいい乗り方である前傾姿勢になれなくて、ママチャリ乗りになってしまう。

ちなみに本来バイクはこんな乗り方をする。

 

競うてん

 

ちょっと大会写真を拝借(大会では写真を有料で購入することができる)

写真左側がT氏で、激坂でスピードレースを展開している模様。

 

ちなみに、多くのレース経験のあるアイアンマンT氏によると、スピード狂が多くて引っ張られるから、めっちゃキツかったそうだ。

 

てっちゃん情報でも、上位はガチなアスリート勢だから首都圏一のスピードレースとも言われているらしい。

超初心者と超アスリートが混在する不思議な大会。

 

そして私は4周している間に、一人も抜かせなかったうえに、考えられないくらいたくさんの人に追い越された。

T氏やてっちゃんたちのエイジグループとは、走る時間帯が違うから良かったけれど、もしも一緒だったらもっと抜かされたし怖かったかもしれない。

 

葵ちゃん再々々現る

 

直線距離になると、反対車線でも私と同様にバンバン抜かされている葵ちゃんが見える。

そして、右端を走っているので、「危ないからキープレフトだよ」と言いにいきたい(本人はたぶん道を空けているつもりだと思う)

トライアスロンの多くの大会では、高速道路と同じで、キープレフトが基本になっていて、早い人が追い越しやすくなるし、渋滞や接触などの危険防止になる。

でもまったく追いつけない距離なので、葵ちゃんが追い越しに巻き込まれないようにと祈りつつ、親切な誰かが、優しく声かけて教えてくれるのを願った。

 

 

モタモタ走りながらも、無事完走できそうで最後の4周目も終盤に近づいた。

葵ちゃんは私のちょうど一周(5キロ)遅れでバイクレースに参加しているが、おそらく2キロくらいの差に縮めているだろう。

この分では、ランのときには抜かされるかも?などと考えていた。

 

ところがなんと!私の後ろにいるはずの葵ちゃんが、またもやスタート地点から合流してきた。

スタート地点から繋がっている道なので、通常は一度しか通過しない。

 

ナゾ??

 

デジャブのようだった。

1時間の間に、二度も同じ光景をみてしまった。

 

気がつかないうちに抜かされたのか?

いや、あれだけ派手なウエアーに抜かされたら気がつくだろう。。

いやいや、バイクスタート地点から出て来たよね??

 

「あおいちゃーん! 早っ!!」

と大きな声で叫んでみた。すると

「まだ、1周ありまーす!」

といって走り去っていった。

 

途中でトイレでも行きたくなって、中断したのかもしれないと思いつつ、私はゴールした。

 

終了後ナゾは解けた。

バイクレースは本来4周にもかかわらず、2周だと思って、競技を終了してしまったらしい。

トラジションエリアまで戻って、バイクをラックに掛けたあと、まだ2周残っているのに気がついて大急ぎで再スタート。

めちゃくちゃ心折れる瞬間だったと思う。

 

ってか、スイム2周、バイク4周、ラン2周って何度も復唱したはずなのに。。

スタート前だったので、すでに思考停止状態だったのかも。

 

つづく

明日は最後のラン。

葵ちゃんのデジャブを再びみることになるとは・・・・・

 

こんなこと始めました!

みなとみらいをお散歩しながら撮影します。

みなとみらい夢ツアー

The Author