そこはかとない話(文章書くのがおもしろい)

そこはかとない話(文章書くのがおもしろい)

3月 18 2017 - 5,そこはかとない話
Pocket

最近文章を書くのが、本当にオモシロくなっている。

あまりにざっくりとした言い方だけど、文章全部が楽しいわけでもない。

例えば「小説の主人公の人物像を、その人の行動を描ききることで、性格を文章化するのがオモシロい」などと言いたいのだけど、未だ今ひとつ表現できない。

例えば、仕事で書く文章のなかでも好きなのがある。

一つは、人の思いを言語化するのがオモシロいので、会社案内などの、ご挨拶文や理念にあたる文章などは、その人や会社のストーリー性があるのでオモシロい。

たぶんAさんなら、こんなことを書きたかっただろうな?とか。

Aさんの色々なものを見て想像して、書いて見せて、修正が少なかったり、納得してもらったり喜んでもらえると楽しい。

書く時間自体は短いけれど、書き始めるまでがどんな人か、どんな会社がとあらゆるものを読んでいる。

この色んなものを読んでいるときも、楽しい。

何日ものあいだ、どんな思いがあったのだろうと、思いついたことを、メモしていって、たまったらいよいよ書き始めると言う感じ。

ちなみに仕事の文章を書き始めるのは、たいてい夜からで、誰の邪魔も入らなくなるので、おそらくフロー状態にも入っている。

で、気がつくと24時を過ぎていたりする。

そこから、お風呂に入ったりブログをやったりするから、最近は寝るのが三時四時と朝方になってしまった。

朝方人間の人とは、真逆の生活サイクルになってしまっているけど、これもひとり暮らしの醍醐味だと思う。

もう100%自分のために生活も時間もある。

でも、ここ最近風邪を引いていたこともあって、生活のリズムが狂いすぎなので、戻さないと。

でも、今日もあっという間に朝の四時になってしまった・・・

 

2017-03-17 13.39.30

The Author