モロッコ三日目。アトラス山脈を越えてバラの谷と言われるエル・ケアナ・ムグナという街へ。その二

モロッコ三日目。アトラス山脈を越えてバラの谷と言われるエル・ケアナ・ムグナという街へ。その二

5月 17 2016 - 4,スポーツと旅
Pocket

アトラス山脈に入ってから、絶景のカフェでミントティーをいただく。

P5120023

今日もアミラちゃんはとっても機嫌が良く。P5120017

マラケッシュの街が遙か遠くに見える標高まで上がってきている。あまりの寒さに格好が酷い。

ニットのワンピにヨガ用パンツをはき、カーデガンに着ることはないと思っていたウインドウブレーカーの上に冬用のストールを肩に掛ける。

イスラムなので肌を見せないでちょうど良いけど。

P5120013

道の途中、あちらこちらでモロッコ人が、道ばたでタジン鍋や水晶を売っていた。

その中でひときわ目立ったのが、この美しい石だ。

P5120024

これがエメラルド

P5120026

アメジスト

P5120030

サファイア

車の中から見ていても、あまりにきれいだったので、ドライバーさんに途中止まっていただいた。

早速売っていたモロッコ人が現地の言葉で色々話しかけて来るのだが、言っている意味はまったく分からない。ペラペラ話しながら次から次へと色や形の美しいバリエーションを見せてくれる。

が、値段を聞くと安すぎる。それでメグちゃんと、じっくり見ているとどうも色が塗ってあるように見える。

「これ色を塗ってあるよね?」

と言い合うと、それまで現地の言葉しか話していなかったモロッコ人が、いきなり

「塗ってない」と、言ったのだ。日本人が少ないアトラス山脈で、「塗ってない」なんて日本語を言ったので、メグちゃんと大爆笑してしまった。

おそらく私たちと同じように、多くの日本人に、「塗ってる」と疑われてきたので、塗ってないという言葉を覚えてしまったのだ。

あまりにチャーミングだったので、1,500円でこの紫色に塗られた水晶を購入してしまった。

P5120037

The Author