ストレングスリーダーシップテスト結果振り返り。自分自身が最良の伴侶ということについて。

ストレングスリーダーシップテスト結果振り返り。自分自身が最良の伴侶ということについて。

2月 15 2016 - 1,未分類記事
Pocket

先日、ストレングスリーダーシップテストをやったのだけど、ブログをやりたくなかった日に、結果をコピペしてそれっきりにしていたのだけど、本日はそのことについて書きたいと思う。

テストの結果を改めて読み返すととても笑ってしまったし、すんごく納得した部分があった。いろんな意味で合点がいったのだ。

ストレングスリーダーシップテストの結果全文はこちら

5項目の資質の中で、『内省』という項目があり、その中の一文が腑に落ちたのだ。

それが以下の文である。

『あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。』

「自分自身が最良の伴侶」と来たか!と笑ったけれど、納得がいった。

日頃から私は、何日間も誰とも口を聞かないで、ずっと家にこもっていられると言っている。冗談抜きで、どちらかというと毎日をそうして過ごしたい。

かといって家でゴロゴロしているわけではない、テレビも観ない、今日は何もしなかったと思う日もない、常に何かをやっている。

毎日を私と私の好きな人たちのために(仕事先も含む)何かを考え、やっているのだ

内省的と内向的の意味の違いは何かなと調べて見ると、

内向的は、わりと内気などのイメージがある。自分の中へと物事を考え表現する。またはとどまる姿勢。
内省的は、自分自身の内面を省みる様、自分の精神状態が何であるかを考える姿勢。というような違いにまとめられるだろう。

確かに、私は自分の心の状態や動きを観察したり、考え直したりすることが大好きなのだ。

テストの結果が全てとは思っていないし、何年かすればまた変化はあるだろうと思っているが、現状の仕事の状況やこれからやろうとしていることなどを考えてみると、非常によく当たっている。

プライベートでもたぶん当たっている。そう考えると、やっぱり私って結婚しないのかも知れない。

年齢的にも結婚する確率がもう低いし、もう子供を産むことも諦めたので時間的に焦る必要がなくなってしまったし、一人で居ても寂しくない。

だからあと結婚や共同生活に踏み切る理由は、パートナーと残りの時間を少しでも長く過ごしたいと思うことや、一緒に居て身の回りの世話をしたいなど以外に理由が無い。

ということで、一生懸命働いて貯蓄をふやさなくちゃいけないので、私のストレングスリーダーシップテスト結果を見ていただき、私の資質があるとこの仕事うまく回るんんだよなー的な仕事がありましたら、お手伝いしますのでお声がけください。

 

今日のありがとう☆☆☆

仕事関係のSさん、Wさん、Nさん、今日もありがとうございます。

バレンタインデー終了!ありがとう!

The Author