小説を書くための時間

小説を書くための時間

9月 15 2016 - 1,未分類記事
Pocket

このところ、仕事で文章を書く時間が増えている。パンフレットやホームページの文言、ブログ、もちろん自分のブログもある。

ただ書いているわけではなく、書くための調べたり、仕組みを勉強したりする時間もけっこう長いので、もう文字漬けな毎日になっている。

こうなってくると、現在執筆中の小説が捗らなくなってきた。

というのも、小説も書くだけでなく、構想している時間が書く時間よりも遙かに長く、必要なんだと思う。

暇さえあれば考えていると、いざ書き出したときに、まるで小説の中に自分が存在しているような感覚になるときがある。

小説のなかの出来事を見ているかのように、自分自身がそのストーリーの中に組み込まれて行くんだと思う。

ところが、いまは頭の中に余裕がないから、昼間に小説のことを、思い出さない。

今日もさて小説を書こうかと思って、ワードを開いたら、ぜんぜん筆が進まない。しょうがないから、一度ランニングに行き、お風呂に入り、夜の11時からの小説書きスタートだった。

食べる量を減らしているので、お陰様で起きていられるが、さすがに6.5キロは走りすぎだった。眠くなって余計に書けない。でももうちょっと粘ろうかな。

 

私は休日祭日に仕事をするのがわりと好きだ。なぜかというと、電話もメールもこないから静かで本当に仕事が捗る。そして月曜になると、ものすごくリードした気分になって気分が良い。

ところが、いまその気分がなかなか味わえない。

一緒に仕事をしている人たちが、休みや夜、関係無く仕事をしている人たちで、ぜんぜんリードした気分にならない。むしろ休むと、仕事がたまってしまう。

お陰でたぶんこの半年くらいで、仕事体力も書く力もめっちゃ強化されると思う。

 

☆プロに近づくための毎日撮影

2016-08-09 16.04.50

☆小説の仕事1,000字

A小説目標12万字=累計63402 /誤差-38598字/今日の達成字数 108

これからまだ書きます。とりあえずブログを先にアップ

☆理想のスタイルに近づくための腹筋、スクワット50、ラン、スイム、バイクいずれか。

腹筋50/ラン6.5km

☆今日のありがとう

もう絶対に文章力も書くための力もアップすると思うわー。ありがとうございます。

The Author