女は恋愛時計、男は行動指針。

女は恋愛時計、男は行動指針。

11月 18 2015 - 恋愛論
Pocket

恋愛における男性と女性と時間の感覚は、かなり違う。

女性にとっては自分のことを考えてくれる時間量が重要で、男性は何を考えどんな行動をするかが重要だと考えているのではないだろうか。

今日はそんなことを書いてみたいと思う。

 

DSC_1494_2500_original

 

女は時間

 

女性の場合、パートナーが自分のために使ってくれる時間が重要で、自分とどのくらい長く一緒に過ごしてくれるのか、月に何回会えるのか、週に何回連絡をくれるのか、これがかなり気になるところ。

これらは自分が、ちゃんと愛されているかの判断基準にもなったりしている。

だから別れ際に、「今度はいつ会える?」なんて、つい聞いてしまう。

一方男性は、今日の今まで一緒に居たのに、今度いつ会える?なんて聞かれること自体におそらくビックリしていて、「え~っ!今まで一緒だったじゃん!」「わからないな、また連絡する」なんていってしまうので、そんな温度の違う返事に女性はがっかりする。

 

男性は行動

 

おそらく男性は時間はまったく気にしていなくて、彼女のためにとる行動を意識している。

忙しく疲れているのに、時間を作って会いに行った。仕事で頭がいっぱいなのに、仕事脳から切り替えてわざわざ連絡をした。

自分都合も含んでいるくせに、最大のパフォーマンスで、最愛のパートナーのために行動したと思ってしまうのが男性。しかも最悪なのが、一緒に居ただけなのに、同じ時間を共有したなんて思っている。

女性は、向かい合っていることが重要なのだ。そう対話である。

丸一日同じ空間に居て、ただ寝ていたとか、映画を見ていたなんてことは対話にならないし、女性の不満や不安を増やす要素にしかなっていない。

 

女性は自分のことを考えてくれる時間や、向き合っている時間が大事=恋愛時計

男性は女性のことを考え、とった行動が大事=行動指針

 

余談

私はよく既婚者男性に、結婚に踏み切ったタイミングやその思いを聞いている。

たいてい二つの答えしか聞けない。

「周りに固められたから」

「長かったから」と、答える。←これ、どのくらいの割合の人が言うと思う?

なんと!9割はまったく同じことをいうのだ。

もうこの時点で、減点99点なんだけど、たった1割の中には、「大好きで、ぜったいに彼女と結婚しようと思っていた」なんて珍しい、素晴らしいことを言う人がいる。

マスタロ~そんなことを言う、マスタロは、究極に希有な存在だと誇りに思っていいと思うわ~。

 

あとがき☆☆☆

今日は東京体育館スイム練習に行って来たけれど、なんだか水に対する抵抗がものすごく減っていて、ビックリしてしまった。

海で1.5キロ完泳できたという自信から来るモノなんだろうか?不思議だったわ~。

The Author