私はトライアスリートになれるのか。エネルギージェルVOL,3

私はトライアスリートになれるのか。エネルギージェルVOL,3

8月 11 2015 - 4,スポーツと旅
Pocket

2015年9/20に新潟村上市で開催される、村上・笹川流れ国際トライアスロン大会にエントリーしています。初めてのトライアスロンです。種目はオリンピックディスタンスといって全51.5Km(スイム:1.5Km、バイク:40km、ラン:10Km)をすべてこなすといった感じです。トライアスリートになるためには、以上の競技をこなすだけで無く、他にも準備が必要です。必要ですが、何が必要なのか分からない状態からスタートしました。ちょっとのんびりし過ぎたので、ここから追い上げます。ギリギリですがきっちり間に合わせたいと思います。一回で嫌になり二度とトライアスロンはやらないかも知れません。やらないかも知れないんですけど、やるかも知れないときのために、記録しておきます。

 

補給ジェル

私は普段、トレイルランニングをやりますが、走っている最中はお腹が空きません。というか食べられる胃腸の状態でないような気がします。

ただ、20km~27kmぐらいなので、補給しなくても平気なのかも知れません。最近は麦茶だけで走ってしまっています。

過去には何度か、薄めた自家製甘酒を、ハイドレーションに入れて背負っていきました。

甘酒は飲む点滴と言われていて、吸収率も早く、アミノ酸が豊富ですし、デンプンも摂取出来ますから、激しいスポーツにはかなり適していると思います。あとで詳しく書きます。

ですが、完全ナチュラル製品なので、日帰りは問題ありませんが、トライアスロンとなると、種目が変わるし、炎天下の中で路上に放置しなければならないのかも?と考えますと、別な方法でエネルギー補給を考える必要があります。

で、困りました。

エネルギージェルが駄目なのです。当日に試してみる気分になれません。
(BCAAなどの粉末は駄目でした)

何が駄目なのかと言うと、お腹が張ってしまうのです。

何が原因物質なのかさっぱり不明ですが、コンビニ弁当やお菓子を食べると、時々膨満感で大変苦しくなってしまうときがあります。

もうそうなったら、ただひたすら消化が終わるまで苦しいままなのです。

それが平常時であれば、ぜんぜん問題ありません。

私も最近は、お菓子など添加物がいっぱい入っていても、気にしないで食べるようになりました。お腹がパンパンになってしまうのは覚悟の上です。

セーフの時もあります。食べてみるとセーフなお菓子の方が多いのです。めっちゃ嬉しいです。

でもエネルギージェルや粉末が駄目でした。BCAA粉末など何種類くらい試したか。結局駄目なものばかりで、最後友人たちにプレゼントしました。

おそらく、走っているせいもあるかも知れません。衝撃などで腸が動かなくなるところでが、何か私の体にとって弱い成分があり、うまくいかないんですね。たぶん。

胃の上のほうまで何かが上がってきているようになり、本当にツラくなります。

トライアスリートのblogを見ていると、山ほどジェルとかエネルギーバーなんかを補給していますね。平気なことが羨ましいです。

なので今度の村上は、本物羊羹、自家製乾燥梅干、現地調達バナナで乗り切ろうかと思っていますが、

せっかくなので市販のジェルを研究してみました。中身が分かれば代替食品があるかも知れません。

たとえばこのジェルです。

image_gel_renew

デキストリン、果糖、食塩、クエン酸、クエン酸ナトリウム、香料

powergel2

人口調味料、保存料不使用。身体の事を考えてくれていそうですね。けっこうそういった商品が多かったです。ハニーなんちゃらとか。

でも含まれている成分は、各メーカーほとんど一緒です。

意外でした、添加物の固まりかと思っていましたが、ものすごく単純成分でした。

そして嬉しいことに、余裕で、天然代替品があります。

では分解してみましょう。

代替食品で可能。自作も可能。

入っている物=含まれている食品→代用食品

という感じで以下を見てください

果糖=果物やハチミツ→ハチミツか黒砂糖で代用

食塩=海水などから精製したもの→自然塩→自家製梅干しで代用

クエン酸=レモンなどの柑橘類に多く含まれている→梅干しで代用(クエン酸たっぷりです)

クエン酸ナトリウム=保存料→必要なし

香料=香り付け→必要なし

で、問題はこいつ。エネルギージェルのほとんどの成分はこれ。

デキストリン=ブドウ糖がいくつも結合したもので、デンプンを分解して作られていて、一応添加物ではなく食品に分類(添加物に属しているのもあるらしい)

普通に売っています。Amazonでも購入可能です。

414OBOEkaWL._SY355_

デキストリン

1kg 535円 安っ!

ジェルを自作している人もけっこういるようで、これで作れます。

粉飴と書いていますが別名デキストリンです。

これを買って、ハチミツ入れて、塩、クエン酸を混ぜればできあがりです。

おそらく数日ならば保存料も必要ないでしょう。既に精製されている物ばかりですから。

長期だと液剤が安定しないので、前日作って冷蔵庫に入れておいて、何時間か炎天下に放置してもおそらく大丈夫です。

ジェルは買うとけっこう高いので、単純にコスト削減したい場合はお薦めです。

 

ですが、これを補給して本当に元気になっているのでしょうか。

これなら摂取しなくても行けそうな気がします。

本当にみんなエネルギージェルで元気になっているのか?

 

もうちょっと話を分解していきます。

糖質の吸収の速度

 

まずは糖質の吸収の速度を考えてみましょう。

単糖類=果糖・ブドウ糖→早いので短時間でエネルギーになる。

ジェルの場合はハチミツや果糖が入っていますので、吸収が早いという理論はOK

多糖類=ご飯・パン・麺類に含まれるでんぷんなど→遅いので腹持ちが良い。ジェルは粉飴(デキストリン)が含まれているので理論的にはOK

デキストリンはブドウ糖がいくつも結合したもので、デンプンを分解して作られていて、食品に分類。で多糖類になる。

理論は分かる。でも違う物にしたほうが元気になりそうです。

どうしてかというと、

デキストリンも含まれている食塩も精製されているものだからです。

精製という言葉だけであれば、悪い意味ではありませんが食品に関しては、どちらかというと悪い方向です。

と言いますのも、砂糖の例が分かりやすいので、砂糖にします。

砂糖は元々サトウキビですから、白砂糖のような白いはずが無く、精製される課程で脱色したり添加したりされたりして、白くなっています。

精製過程でミネラルやビタミンなどの栄養は失った状態ですから、もはや摂取するメリットは無くなっていて、ただの酸性食品になっています。

精製塩も同じ原理です。そして体内を中和させるためにミネラルが使われます。

本来はサトウキビには体に良い成分がたくさん入っています。

こちらは我が家で使っている黒砂糖です。

2015-08-09 11.13.39

体に良い、必要な成分がたくさん入っています。

でもマクロビなんかを推奨している人たちは、暖かい土地でできた食べ物は、体を冷やすので食べてはいけないと言っていますが、大量に摂取するわけではないので、砂糖も黒砂糖を使って、塩も海の自然塩であれば、私はまったく問題ないと思います。

エネルギーバーとかジェルとか、宇宙食でスーパー人間の食事に見えてきます。

でも分解をしてみると、プラシーボ効果のような気がしてきました。

代替品のほうが間違いなく元気になれるし、持続出来るはずです。

普通にハチミツをジェルパックに入れていってみてください。デンプンは何がいいかなー?どうかなー?

ちょっと考えてみます。手軽に摂取できないと駄目ってことですもんね。

 

本日、ちょっと書きすぎました。笑

本当はエネルギーバーの代わりになるお菓子を試作中でそこまで載せたかったのですが、続きは明日にしたいと思います。

あとがき☆☆☆

今日は品川で家族食事会でした。遠い親戚女子が来ていて、私より2才お姉さんでした。何年ぶりに会ったのかな?かなりの田舎から出てきているんですが、福山雅治&東方神起好きで年に2,3回都心に出てきます。品川で会っても田舎者に見えなかったので、田舎に帰ると浮いてしまっている人なんだろうな~。とちょっと考えました。

自分の限界突破、おめでとうございます。よく頑張りましたね。

ランニング 2015.8.10  00:34:17 5K最速

腹筋100

ストレッチ15分

 

The Author